fujikoちゃん、New Yorkを生きる!

fujikoの欲張りグルメ・ビューティー日記 in New York。

Unagi NYC

とうとう行ってきました。
3年以上はOpening Soonの看板が出ていて、まだかまだかと待ち望んでいた鰻屋さん。
一色産の鰻を空輸しているというこだわりようなので、とても楽しみにしていました。

オープン前は「炙一徹」と大きく書かれていたサイン。
Aburi


オープンして行ってみたらあれ?名前が変わってる??
IMG_7113


なんかしかもちょっと文字とかも雰囲気変わってるし。あれ??


中に入ると元ラーメン屋さんだった雰囲気そのままな感じです。なんかモールの食堂を思わせる感じ。
IMG_7116


カウンター席に座ってお酒を頼もうとしたんですが、ビールとお酒と梅酒の缶が置かれていたので、とりあえず梅酒をオーダー。
で、缶そのままで出てきたのを注いでみたら、なんかお酒の味しないなああと思ったら、ノンアルコールだった!というアホなことを初っ端からしでかしてしまった私。
IMG_7362


お友達のHちゃんが到着後、メニューの中から肝焼きとうな重をオーダー。
IMG_7363


雰囲気がカジュアル感満載なのにお値段は結構します。
肝焼き20ドルで出てきたのはこちら。。。。
IMG_7114


さ、寂しい。。。こんなもんか。。一色うなぎだし。。。
でも味はおいしゅうございました。


そして待ちに待ったうな重はこちら!
IMG_7112


なんか小さい。。。ごはんが見える。。。仕方がない。レギュラー45ドルのほうだから。。エクストララージ75ドル頼めばもっとたくさん鰻はあっただろう。。。でも香りは香ばしく美味しそう。


鰻は本当に美味しかったです!炭で焼かれた香ばしい香りと味、焼く前に蒸してあるので鰻は柔らか。。。そして蒲焼のたれも程よい甘さとで良いです。ただ少し言えば少し鰻が痩せていたのは残念。

でも非常にショックだったのがご飯。ご飯がべっちゃべちゃ。さして蒲焼のたれもついていないのにべちゃべちゃ度がハンパない。残念過ぎる。ご飯が美味しく炊けていれば良かったのに。。。

そしてさらに残念なのが山椒。S&Bさんの山椒がそのまま置かれていた。。
一色うなぎにこだわったなら、山椒やごはんにもこだわりを持ってほしかった。。。。

そしてふとカウンターの横を見ると雑然と置かれたタッパーウエアの数々。。。
IMG_7115

見えるところに置かなくてもいいよね。。。


鰻自体が美味しかっただけに、その他が残念無念の数々。


そして極めつけが、一緒に行ったHさんからのショッキングな話。

実は冒頭で言ったように、オープン前は名前が違ったんです。何度でもアップしますが、こちらがオープン前のサイン。
Aburi


これを見ていて楽しみにしていたHさんは、なんと日本の本店と思われる炙一徹さんに連絡をして、いつオープンするのか聞いてみたんですって!!!(爆笑)

すると!!!!!
日本の鰻屋、炙一徹さんはこの店とは全く関係ないと言われたそうなのです!!!

で、ちなみにこの日本の鰻屋さんのウエブサイトを拝見すると。。。
sign

(お写真は炙一徹さんのウエブサイトから拝借させていただきました。)

えーーーーーー! ロゴ一緒??? 何??パクリ???

恐らく安易にロゴを借りて商売を始めようとしてしまったけど、クレームがついたので急遽オープン時に名前を変えたのでしょう。。。。
そんなことってあるんですね。。。

今度は日本で本家本元の炙一徹さんにお邪魔したいと思います!!!

Unagi NYC
60 Kenmare St
New York, NY 10012
(212) 257-2335
Mon-Sun  5:00 pm - 9:15 pm
Tue-Satはランチも営業 12:00 pm - 2:00 pm




人気ブログランキングへ 他のお友達で既にUnagiさんに訪問した方に聞いたところ、その日はご飯は非常に美味しく完璧だったそうです!恐らくその時々で炊き加減にムラがあるのかもしれませんね。。。
インスタグラムはかなり更新しておりますのでそちらもチェックしてみてください!
Fujikony55です!

Hudson Yards Tak Room

なんだか久々にこのページと向き合っていることに緊張しています。。苦笑。
久々過ぎて新機能のアイコンとか全然わからないよー。

さておき。ここ数か月、この瀕死状態のブログを読んでますーと言って下さった方にかなり多くお会いし、更新をしてみようと思いました。これまた長く続くかわかりませんが、どうかお付き合いくださいませ。


長い間ブログを書いていない中でNYの食シーンは劇的な変化を遂げました。
本格的お寿司屋さんが続々オープンしたり、ラーメン屋がそこかしこに濫立しすっかりニューヨーカーに定着したり、これまでニューヨークではなかなか食べられなかった鰻専門店ができたり。
書きたいことは山ほどあったのに時間がないという言い訳だけでご紹介できていませんでした。
これからはじっくり気長に投稿をすることにして、今日は別の新レストランをご紹介。


ミッドタウンウエストの新しいスポット、ハドソンヤード(Hudson Yards)内にオープンした、Tak Roomは、あのかつて全米一予約が取れないといわれたThe French Laundryやミシュラン三ツ星を長年確保するニューヨークのPer Seのシェフ、トーマスケラー氏のレストランです。

Tak Roomはアメリカの伝統料理をコンセプトに、Per SeやThe French Laundryよりもお手頃なお値段となっており、オープン以来大人気のスポットとなっています。


それにしても新都市開発プロジェクトのハドソンヤード一体があまりに新しくて大きすぎて、行った途端迷子になりました。
マンハッタンの西側、10アベニューと11アベニューの間に位置しており、Tak Roomは11アベニューからのほうが近いかも?(間違っていたら訂正お願いします!)

エレベーターを5階に上がってモールのような中に忽然とあります。
そう、なんだかアジアの大きなモールみたいなイメージなんです、このハドソンヤード。ディベロッパーが三井不動産ということで納得できます。

ハドソンヤードの探訪はまた別の機会に紹介するとして。。。まずはTak Roomを。


店内はとても広く大勢の方でにぎわっていました。大人の社交場的なイメージです。写真を撮り忘れましたが、店内はこんな感じ(Newsweekさんから写真をお借りしています)。
tak room



私たちは女性5人で行って全てシェアをしました。

最初に出てきた野菜のディップのアミューズ

IMG_6565



アペタイザーは

CELERY HEART VICTOR
IMG_6571
ホワイトアンチョビ好きなので頼みました。

HAND CUT STEAK TARTARE
IMG_6542
ごろごろぶつ切りのステーキタルタルが美味しいーー♡

Fluke
IMG_6570
Fluke(ヒラメ)のセビーチェは本日のスペシャル。パイナップルの風味と酸味のあるマリネがいい感じなのですが、せっかくなのでもう少しプレゼンを考えてほしかったかも。笑。すごい小さいお皿にぎっしりヒラメが5,6切れ入っているのでもったいない。長いお皿に並べてくれたほうが満足感があったかも。

写真を撮り忘れましたが、JUMBO LUMP BLUE CRAB CAKEも美味しかった。

これらに合わせたワインはこれ。お手頃なのにとっても美味でした。
IMG_6562



メインもみんなでシェア。

PRIME BEEF SHORT RIB WELLINGTON
IMG_6580
これは既に切ってソースをかけてくださった後の写真。パイ生地で包まれたお肉が柔らかく、ペリグルディーヌソースも美味しい!メニューには2人前とありましたが、5人でわけて十分でした。

BEEF STROGANOFF
IMG_6574
本日のスペシャルにビーフストロガノフとあったので、頼んでみました。でも全く日本人の私たちが想像していたビーフストロガノフとは違いました。苦笑。

EGGPLANT PARMESAN
IMG_6576
お肉ばかりなのでお野菜もと頼んだのがコレ(´∀`) 一番想像のつく素朴なお味でした。

サイドディッシュにはクリームスピナッチとキャロットを。
IMG_6577



そして赤ワインもとてもお手頃な美味しいイタリアンワインを選んでくださいました。
IMG_6564



甘いものよりお酒派が揃ったディナーなのでデザートはなし。でも最後にお店が出してくれたのはアメリカで昔から親しまれている、蜜でコーティングされたポップコーンのクラッカージャックが登場。遊び心がありますねー。
IMG_6579




お値段も思ったほど高くなく、雰囲気も良く、また行きたいお店なのですが、なんといってもまだ予約が取りづらいようです。1か月前から予約を開始するようなので、是非前広に予約をしてみてくださいね!


最後に。。。
小雨の降る中、ハドソンヤードの新たなランドマークとして人気が高まっている展望台、ヴェッセルを撮影し、帰りました。
IMG_6581


ハドソンヤード、また是非探訪してみたい場所がいっぱいです!

Tak Room
20 Hudson Yards 5F,
New York, NY 10001
(929) 450-4050



人気ブログランキングへ いやーー昔は毎日のように更新していたのがウソのようです。結構更新することって大変なんだとあらためて実感しました。ブロガーの皆さん凄いです!
インスタグラムはかなり更新しておりますのでそちらもチェックしてみてください!
Fujikony55です!



2018年

ご無沙汰しております。

このブログは完全に放置され、これまで読者でいてくださった方も、そしてこの私すらも忘れられて1年半。。。。名実共に腐ログ化してしまいました。。。涙。


いや、、、私は忘れていたわけではありません。


今の時代、ブログを読んでくれる人がどのどれ程いるのだろうか。。。

私自身、仕事と子育てでブログを書いている時間がないわ。。。

ではインスタグラムから投稿できるサービスのブログに変えてみようかな(ライブドアは以前できていましたが、もうインスタグラムからのブログ投稿はできません)。。。

でもそれならインスタグラムに集中してブログはもう閉じようか。。。。

など色々なことを考えていたことはいたんです。でもブログのページすらオープンもせず、そのまま悩んで1年半。もう言い訳でしかありません。

そしてこの1年半の間に大事なことがありました。


この1年半の間、ひとりの大事な友達を失いました。
その彼とは、なんとこのブログを通じて知り合いました。


ちょうど10年前頃、ブログに頻繁にコメントをしてくれるようになり、その間にコメント以外にも個人的にたくさんのメッセージを送ってきてくれた彼。
そのあと実際に会ってお食事をしたり遊ぶようになり、かけがえのない大事なお友達になりました。

その彼が昨年、病気で亡くなり、彼と出会ったブログを見ることすら辛かったというのも事実なんですが、一周忌の際、ふとした気持ちが心の奥底に芽生えました。

彼と知り合うきっかけになった大事なブログ。
彼に通じるブログを細々でも天国の彼に届ける気持ちで書きたい。

という気持ち。

そんな気持ちが芽生えてから早くも2か月が経ち、すでに年の瀬を迎えた今。

2019年以降の抱負に ブログを再開する、ということをかかげました。

ただこれまでみたいに長くなくてもいい、続けられさえすれば。。


ということで 再開をします。

よろしくお願いします。。。


Fujiko

ニューヨークで串カツ

ローワーイーストで串カツ食べられるということで行ってきましたーー。
ちゃんこが有名らしいですが。。

image


たまーーに食べたくなるよねええええ。。。。串カツ。

トマトだけは揚げたて食べると罰ゲーム並みなので気をつけましょう。


ソースの二度漬けはだめよん。

Azasu NY
49 Clinton St, New York, NY 10002
tel:+12127777069




久々にガンバって更新中!インスタグラムフォローしてくださいね!nycのグルメ情報掲載中です! Fujikony55です!

宇宙

Lower Eastにできた まさしく hidden gem。
オーナーは若干28歳の男性。そんな彼が日本人よりも日本らしくそして美しい寿司カウンターの店をオープンさせた。。

シェフは過去にIchimura, Hatsugana Ichimura at Brushstroke などで腕をふるっいたまさにニューヨークの中の寿司シェフのレジェンドと言われる市村氏。
image

市村さんの繊細でいながら ネタを寝かせて味に奥深さをあたえるお寿司は やはりレジェンドの貫禄を感じます。

彼のシグニチャーとも言われるミルフィーユになったトロは絶品。

My mouth is watering by looking at these photos.. remembering the night of omakase sushi course by @sushiichimura Decor of the place is so meticulous yet cozy. I love love love this place's design of everything. #sushilover #omakasenyc #omakase #nycsushi #fujikoちゃんny #fujikonyc

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image


順不同。全てではなく抜粋写真です。。お気に入りのネタだけオンパレードしてみました。

ほんとうに素敵な時間をありがとうございました!!






久々にガンバって更新中!インスタグラムフォローしてくださいね!nycと日本のグルメ情報満載です! Fujikony55です!

懐石一文字

日本滞在中、兄が家族全員を神楽坂にあるミシュラン二つ星のお店、懐石一文字に招待してくれました。。。
長年に渡り、茶事専門の料理人として、数々の茶事で腕を振う廣瀬氏のお店です。

小さな入り口から入って二階にあがると落ち着いた雰囲気の個室があります。

image
嶺岡豆腐。優しいお味。

image
無花果の田楽。これは新発想。無花果の酸味と甘い味噌が絶妙なバランスでお口の中で溶け合います。

image
あああ〜〜。。見ているだけでため息が出る美しい盛り付けですねえ。じゅん菜の入ったスープ。

image
こちら見た目非常にシンプルですが非常に甘くてサクサクで最高のお味だったコーンと茶豆の天ぷら。息子も大事に大事に一粒一粒取って食べてました笑。

image
平目の昆布締めのお造り。

image
子供用にはマグロ。。。これがまた美味しくて大人が思わず横取りしてしまいました。

image
笹を炊いた上に乗った鮎が登場。なんとも言えないスモーキーな香りがお部屋中にたちこめました。。

image

image


image
揚げ物。

image
鰻の餡かけ。。緑の丸いものは一瞬マスカットと思いましたが、冬瓜です。

image
そしてご飯ものは里芋のご飯です。

image
水菓子。このマスカット。ロザリオビアンコ?アレキサンドリア?名前忘れちゃいましたが この粒の外観の美しいこと、皮がシャキッとして中の実が濃厚。贅沢な粒を大事に頂きました。。

満足な美味しさいっぱい幸せいっぱいの時間を過ごした後、お店の外でパチリ。
image


image
神楽坂の街を探索。。従兄弟同士は肩を組みながらお散歩です。

image
毘沙門天も寄って。。。

最後はお腹いっぱい、歩き疲れてパパに肩車をしてもらった息子。
image



神楽坂の小径は風情があり、有名店や隠れた名店が点在していてどれもこれも覗いてみたいお店ばかりで目移りします。

また次回じっくり探索したいなああ。。。

お兄ちゃん ご馳走様でした!

懐石一文字
東京都新宿区神楽坂3丁目6番地
電話03-5206-8223
12:00〜14:00(L.O)
18:00〜21:00(L.O)




久々にガンバって更新中!インスタグラムフォローしてくださいね!nycと日本のグルメ情報満載です! Fujikony55です!

日本旅行2016 - 鬼怒川へ2

鬼怒川の旅2日目は少しだけ足をのばして日光まで。
私の夫リフがどうしても息子をここに連れて来たかったのです。

美しい五重塔。
image


ソニーのミラーレスカメラを持って東照宮を撮影する息子。。。ママは落とすんじゃないかとヒヤヒヤ。
image


「I see some beauty! 」と言いながらパチパチ撮影する息子。笑。
image


あああ ありました。8年ぶりです 三猿。アメリカではThree Wise Monkeysとして知られていますね。
image
でもこれ現在長期にわたって修復工事を行なっており、レプリカなのだそうです。

陽明門も工事中。。。
image


手水のお清めの仕方をばあばに習って。。
image


緑が綺麗〜〜
image


大谷川にかかる国の重要文化財の神橋は今年で1250年を迎えるのだそうです!!
image


いっぱい歩いたので休憩。日光金谷ホテルまできました。
image
数日前に金谷ホテルが東武鉄道に買収されると発表があったばかり。。。日本最古の西洋式ホテルをこのまま残して欲しいですね。。

さてここまででまだ午後2時間くらい。
この後、鬼怒川の旅のハイライト!!と思っていた 鮎の梁漁への訪問はこれからいくと1時間以上待ちと言われ、あえなく断念。。。。8月最後の日曜日で混んでいたのでした。。またチャレンジしなくては!

ちなみに「梁漁」とは、川の中に足場を組み、木や竹ですのこ状の台を作った梁(やな)という構造物を設置し、上流から泳いできた魚がかかるのを待つ漁法。

こんな感じ。
image


さて梁漁の代わりに我々が臨んだのは 鬼怒川ライン下り。
image


ホテルのすぐ横から出発。40分の川下りです。
出発前に嬉しそうなお兄ちゃん顔の息子。
image


出発前に家族でパチリ。
image


水量が少ないのでこれ以上少ないと中止になるとのこと。。でも次の日は台風が来るとのことだったけど水量は翌日上がったのかしら。
image

image

image


40分のライン下りが終わるとバスで元の場所まで連れて行ってくれます。
そのバスが来るまでお土産ものやさんで待つのですが そこで売っていたキュウリが美味しかっったこと!!!
丸ごと1本100円。大満足です。

この晩もホテル内でお食事。
image

image

image


盛りだくさんの2日目は食事が終わってバタンキュー。21時にはベッドに入ってました。
息子は食事中に撃沈。それはそうです。時差ぼけ真っ只中ですもの。
image


そして翌日。。。。
本当は午後に東京に戻るはずでしたが、台風がお昼過ぎに関東に上陸するというニュースを受け、両親の素早い判断により朝出発の電車に変更。

急いで朝ごはんを食べ。。。

image
(これは子供の朝ごはん)。

鬼怒川温泉駅へ。。鬼怒川温泉駅前には鬼怒川にちなんで鬼の銅像やらイラストやらがいっぱい。「鬼ーーーーっ!」と大喜びで息子は一緒に写真を撮ってました。
image


迅速な判断により、浅草駅に着いた時は雨風が強かったものの無事に?実家へと着きました。。

image
電車の中は個室でリラックス。

二泊三日の盛りだくさんな日光、鬼怒川の旅。。。息子は大人になっても覚えているかなあ。。



久々に連日更新!!インスタグラムフォローしてくださいね!nycと日本のグルメ情報満載です!
Fujikony55です!

日本旅行2016 ー 鬼怒川へ

今年は家族3人での日本旅行。たくさんの思い出と一緒に昨日nycに戻ってきました。

放置したブログを再度地道にスタートするべく日本の旅行日記からスタートさせます!!

2週間半の旅の中で二回、国内旅行を楽しみました。一度目は鬼怒川に連れて行ってもらいました!!

image
鮎が中で泳いでいるお菓子をウェルカムスィーツとして出していただいた鬼怒川金谷ホテル。日光金谷ホテルの親戚的存在ですが、経営は別なのですね。知りませんでした。

お部屋もとても素敵です。

image
息子とリラックスしてます。失礼。

image
部屋についているテラスからは素晴らしい景色が。下を見下ろすと鬼怒川も見えます。

image
なんども入った部屋についている露天風呂。贅沢〜〜。


お食事はホテルの中で。。。
image

image

image

image

image

息子も子供特別メニューをいただいてうれしそう。
日光名物の湯波ももちろんあります。鮎も。
そもそも何故湯波は日光名物なのか。山岳信仰の盛んな時代に仏教修行をする人々にとって魚以外に栄養価の高いタンパク質豊富な食品で保存可能なものとして愛されていたからなのだそうです。京都でも湯葉は名物。仏教の栄えたところに湯葉の歴史あり、と言ったところなのでしょうね。。


image
最後はジョン金谷のチョコレートをいただきました。


満足の初日はラッキ〜なことに花火がテラスから見られたのです!みんな大喜び!
image


これにて鬼怒川初日は終了。
二日目についてはまた書きます!



インスタグラムフォローしてくださいね!nycと日本のグルメ情報満載です!
Fujikony55です!

旬をいただきました❤️ 響屋さんにて

ニューヨークにいても日本の旬の食材を磨き抜かれたシェフの腕でいただけるということは、なんとも贅沢なこと この上ありません。

冷やし玉地蒸し
image
海老もウニもたっぷり。しかも空豆も。幸せなお味を夏らしく冷たい茶碗蒸し仕立てでいただきました。

浅利当座煮のお寿司笹巻き
image
中を開けると
image

マンゴーのガリがユニーク。このお寿司はお凌ぎとはいえ もっともっと食べたいお味笑。

新玉ねぎの擂り流し 蟹真丈入り
image
海老ではなくカニしんじょうとは!スープはまろやかで奥深いお味でとっても美味しかったです!

image
こんな可愛らしい沢ガニのお庭のような品も登場。


image
そして今年お初の鱧です。どこでとれたのか忘れてしまいましたが 私の鱧の印象を変えてくれました。鱧というと淡白でパサパサしていることが多い印象でしたが こちらは脂ものっていて甘みもあり感動しました!

お造り
image
いつもながら大満足。

お肉〜
image
と思ったらお肉を焼く焼石だけ写真撮っててお肉はさっさと食べちゃってました!笑

焼魚
image


鴨汁餡 新じゃがクリームパイ
image
おいしいーーー!しかしお腹いっぱいになってきました!!

新じゅんさいのチアシード酢漬け
image
おーーチアシードとじゅんさいという斬新な組み合わせーさっぱりしていてお口直しにぴったりです。

桜海老とピーターコーンの釜炊き御飯
image
桜海老がこんなにたっぷりでなんという贅沢なことでしょう。ピーターコーンというのはもっとも甘いコーンなのですって。その甘みと桜海老の独特な風味がぎゅーーーっと濃縮された贅沢な〆の御飯です!
あーもう満足です。

園さん、本当にいつも美味しく日本に居てもなかなかできないような旬の食材をふんだんに使った贅沢ディナーをありがとうございます!!!

ご馳走さまでした!!

Kyoya
94 East 7th St.
Bet 1st & A
212-982-4140




インスタグラムやってます!
こちらを更新してないですがインスタは日々更新してます!もしご興味がある方は是非 Fujikony55 をフォローしてくださいませ!

牛若丸ニューヨーク

最近ニューヨークには高級寿司屋がオープンラッシュですけど、そんな高額なお店にはちょくちょく行けません。。

なので頻繁に美味しいお寿司が食べたい時は間違いなくこちらのお店に行きます!

image


image


image


image


たくさん美味しく頂いても高級寿司屋さんの半分の値段❤️

いつも大満足。
ヒデさんありがとうございます!!

あーまた見てたら行きたくなったー


Ushiwakamaru
362 W 23rd St
New York, NY 10011
017-639-3940



インスタグラムやってます!
もしご興味がある方は是非 Fujikony55 をフォローしてくださいませ!
プロフィール

fujiko

ニューヨーク在住がとうとう20年目となってしまったa.k.a. fujiko(本名ではありませんー)がお届けする、グルメ、ビューティー、エンターテイメント情報です。
執筆依頼、その他お仕事関連、また直接のメールはこちらまでお願いします↓
hinako@beautronomie.com

Archives
Recent Comments
RSS
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: