e363d048.jpg去年7月に紹介した私の超お気に入りテレビドラマ「Queer As Folk」。

待ちに待ったファイナルエピソードが5月22日からShotimeでとうとうはじまります!!
これからま日曜はテレビに釘付けになりそう!!!

私のQueer As Folks好きは、去年の日記を参照いただければわかると思います。

このドラマ、題名でもわかるようにピッツバーグに住むゲイの仲間のお話。

fujikoのパパ、ママは「fujikoはすぐにみんなゲイとか言うけど、そんなにゲイがいるわけないでしょ」と言いますが、NYに住んでいて男性と知り合う際、まずその人物がストレートかどうかを確認することが前提。勿論見た目、話し方ですぐに判別できる人も多いですが、隠れゲイとかバイセクシュアルとかがかなり多いこのNY。これ本当に大事なのです。

話をドラマに戻して。。。

以前の日記にも書きましたが、このドラマを見ると人間関係の悩みはヘテロセクシュアルであろうがホモセクシュアルであろうが共通であることを実感できます。勿論そうですよね。。恋人関係、友人関係、家族関係、など色々な人間模様が飛び出すこのドラマ。SATCのような軽いタッチではなく、かなり重い内容ですが、とても見ごたえのあるドラマだと思います。

最近はこのレズバージョンドラマ、LAを舞台にした「the L Word」もやっていますが、こちらはこちらでなかなか面白い。。。でもQueer...には劣ってしまうのは、やはりBrian役を演じる、Gale Harold様の存在!?


gale先週はイチロー、イチローと書きまくり、今週にいたってはドラマのスタートに向けGale Harold熱上昇中。もう浮気の激しいfujikoとお思いでしょうが、fujikoが選ぶ有名男性ベスト5に入っているのだから仕方が無いよね?

Queer As Folkをごらんになったことのない方、、、是非一度は見てみてほしいな!

ちなみに、Bravoでやっている、何人かのゲイ君たちが一人のストレート男性を素敵に変身させてくれる「Queer Eye for the Straight Guy」とは番組が違いますので、そこのところヨロシク!


Queer As Folk
5月22日(日)Eastern Time 10:00PMプレミアスタート!!!


gifQueer As Folkを見た方のコメントももらえるとうれしいな!!fujikoの応援もどうぞどうぞよろしくね!