July 20, 2004

Queers as Folks シーズン4フィナーレ(涙)

670d21ab.bmp最近の私の超超お気に入りのテレビドラマはピッツバーグに住むゲイ達の生き様をドラマにした「Queers as Folks」。なんと昨日7/18でシーズン4がフィナーレを迎えてしまい私かなり放心状態に陥っております。
そんなドラマ知らない、興味ない、って方にここでご説明。確かにシーズン1、2くらい間ではかなりセクシュアルコンテンツ満載の子供は見ちゃいけましぇん!って内容で結構私もエグっていたのですが(男同士のセックスシーンなんてやっぱ私には興味なし)、最近ではセクシュアルなシーンよりもかなり人間関係の深い部分にスポットを当てたテーマやシーンが多く、ヘテロセクシュアルだけでなくホモセクシュアルも悩みは皆同じなのね、、と結構真剣に見ずにはいられない展開に!



ここで登場人物と彼らのキャラクター、そして現状を軽くご紹介しましょう。

Brian Kinney。今私の中で超ブームの彼。もう彼の顔を見ないと一日が終わらないくらいこのセクシーな格好良さがたまらない!精巣ガンが発覚し、友人に内緒で手術したり放射線治療に苦しくても周りにはけっして辛い姿を見せない強がりな彼。30代半ばに差しかかって自らの治癒力が若い時とは違い遅いことにイラついたり。。今シーズンの彼は苦悩の時期を体験してます。運動もドクターストップがかかっているというのに友人に負けずと夜中にジムのスピニングクラスを闇練する姿は涙もの。フィナーレのトライアスロンで彼はゴールにたどり着けたのか??それにしてもBrianを演じるゲールハロルド様。。どこかでばったり会わないかしら。。抱き付きたいくらい好きなんですけど。

Justin Taylor。Brianのボーイフレンド。シーズン1ではとてもか弱いお子ちゃまでBrianに振り回され悩んでいる姿が印象的だったけど、すっかり大人に成長したJustin、今では病気のBrianが唯一信頼し、閉じた心を開くオアシス的存在に。この二人の関係は一体どう変わって行くのかも興味深いです。

Michael Novotny。コミックブックストア店長件、Justinが描くコミックブックの編集的仕事もともに手掛ける。現在母Debby(肝っ玉母さんでゲイ仲間全員の世話役的存在。時には彼らに素敵なアドバイスをして涙をそそるシーンもちらほら。ゲイストリートリバティーアベニューにあるリバティーダイナーのウエイトレス)の元を離れ、彼であるBenと養子として迎え入れたHunterと3人で暮らしている。先週のシーンではBenがマイケルにプロポーズ。同性愛者同士の結婚が合法化しているカナダトロントにトライアスロンに参加するため向かった際に二人はついにゴールイン!

Ben Bruckner。Michaelの彼氏。付き合った当初彼がHIVポジティブであることを知ったMichaelの母Debbyは自分の息子に辛い思いはさせたくないと二人の交際に猛反対。しかしBenの人柄とMichaelの幸せいっぱいの様子に今では二人の幸せを心の底から応援するまでに。ちなみに養子であるHunterも子供の頃からストリート売春をゲイ専門にやっていた時に感染し同じくHIVポジティブに。

そのほかおしゃれな超バリバリゲイちゃんのEmmetや真面目なTed、レズビアン夫婦のLindsayとMelanieなど、個性溢れる登場人物がいっぱいで見逃せないQueers as Folks。Lindsayなんかは先週、レズビアンなのに精鋭男性アーティストに心を奪われHまでしちゃってMelanieと別れの危機になったりとますます見逃せない展開でフィナーレを迎えたQueers as Folks Season 4。

次のシーズン5は2005年の春にスタートというのですから、あと半年以上私はこのドラマなしにどう過ごせばいいのかちょっと心配になってきました。。まあ今回のシーズン4で終わらなかっただけ良かったことにしましょう。
このドラマに少しでも興味を持って下さった方。フィナーレから見るのはなんでしょうから、2005年にシーズン5がスタートするまでの間に、是非DVDでシーズン1から借りてcatch upしてみてはいかが?

Queers as Folksオフィシャルサイト
http://www.sho.com/site/queer/home.do
DVDを即効借りたい方へ
http://www.netflix.com

ほんでもって愛しのゲール様の非公式サイトはこちら
http://www.waterpoetry.com/Gale.htm

fujiko55 at 06:17コメント(0)トラックバック(0)エンターテイメント  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ