昨年秋だったと思うのですが、Wakiyaグラマシーパークホテル内にオープンしました。
グラマシーパークホテルといえば、格式ある古めかしかったホテルがイアン・シュレガーの手によって全面改装されたのが去年。今はホテルとしての部屋もありますが、住居としても使われています。

あああ、こんなところに住んでみたい。いや、もしくは一泊でもいいーー。
ちなみにスィートが一泊約$1200−3500。
一番安い部屋でも$700。(時期により異なります)

そんなセレブな香り漂うこのホテルの1階にあるのがモダン・チャイニーズのWakiyaです。

Wakiyaはトゥーランドッドの総料理長である脇屋友詞氏のお店です。
こういうモダンチャイニーズってNYにはあまりなかったので、楽しみにしてました。。

が、オープン当初から「期待外れ」だとか「美味しくない。味がはっきりしない。その割りに値段が高い」「量が少ないのに高い」だのとかなり厳しい評価をもらっていたので、少し落ち着いて出向いたほうがいいかもしれない、とこれまで行っておりませんでした。

この日もWakiyaに行くつもりはまったくなかったのですが、同じグラマシーパークホテル内にあるThe Rose Barで友人と飲んでいたわけです。

rose bar
ちなみにこのThe Rose Barもとっても混んでます。いつもいっぱい。10時過ぎは予約必須と聞きましたが、そんな時間には行ったことがないので真実のほどはわかりません。

で途中でお腹が空いたので、アペタイザーでも頼もうかーっと言っていたのですが、ここは夜中しかアペタイザーがないのだそうで、空腹にこれ以上飲んでは体に悪い、ということになり、Wakiyaをチャレンジしてみよーってことになりました。

なので予約一切なしで出動。この時点で時間は9時頃だったかな??

wakiya内装はとってもアジアンモダン。ゴージャスです。それだけでもなんだかワクワクさせられます。


「おつまみ程度だけど食事をしたいのですが、予約なしでも可能ですか?」と聞くと、20分程待てば席ができるので座れますよ、ということだったのでバーで待つことに。
でもWakiyaのバーも大混雑。

一杯目を飲んでいた途中でもう席ができたとのこと。
ソファの席に通してもらい、ほっと一息。

それにしてもここはなんだかダンディなおじ様やお兄様が多いです。
もう私の連れのLisaちゃんは私と話してるどころではないって感じ。あっちこっちに色っぽい目力ビーム発信中(最近彼と別れたばかり)。







二人だったので、適当におつまみを私が頼む係りに命ぜられ、、頼んだものはこちら・・(暗かったので、画像がかなり荒れておりますがお許しください)



Bang Bang Chicken

banbanji















いわゆる、バンバンジーってやつですね。こういうバンバンジー。日本で食べた以来だーー懐かしい!!
しかも美味しいです!お酒のつまみにこれはピッタシ。
Lisaちゃんも大喜び



Lobster&Pork入り小龍包

dumpling















皮がちょい厚めですが、もうスープは最高のお味。ロブスターの身とポークたっぷり。ああ美味しい。



Shark Finスープ
Lisaちゃんがフカヒレを食べたことがないというのでオーダーしてみました。
これもね、味が濃厚でフカヒレたっぷり。美味しい。



この時点でまだ私はお腹が空いてましたが、これ以上は今度大人数かなんかで来たときにガッツリ食べようと思います。やっぱり中華は沢山できてちょっとずつ食べたいですよね。

結論から言うと、かなりイケてます。Wakiyaのお料理。
他のものをトライするのがすごく楽しみになってきました。
あの小龍包も再度トライしたい。Lobsterだけでなくジョーズシャンハイのような蟹肉バージョンもありました。


値段も確かにチャイナタウンとかと比べると相当高いですが、上記オーダーにワイン2杯ずつで一人60ドルちょっと。
まあ場所と雰囲気を加えるとまあこの位仕方がないのかなあとも思いました。

サービスも言われているほど悪いことはありませんでした。

週末には昼間にDim Sumブランチがあるそうですし、お昼も毎日やってるみたい。
今度は是非Dim Sumブランチにトライしてみたいです。


Wakiya
(Gramercy Park Hotel)
2 Lexington Ave.
(at 21st St.)
New York , NY 10010
(212) 920-3300

gif最近ちゃんとブログ復活させるようがんばってます。がんばるfujikoにコメントあーんどクリックもお願いします!!


新しいランキングに登録してみました。。。クリックお願いします!