昨日に引き続きウエディング関連を。
披露宴をナパにした大きな理由は「Food and Wine」が美味しいから。
披露宴の前に3回ナパに出向き色々試したけど、基本「マズい!」って店がないんじゃないかってくらいどこも高レベル。

まあ空気も美味しいし雰囲気もあるんでしょうが。。

雰囲気を気に入って決めたThe Carneros Inn。最後まで心配だったのは出される料理がどんなものになるか。
4月の訪問でもレストランで食べてみて美味しかったんだけど、所詮レストランのディナーと披露宴の大勢分のディナーではやはり質が落ちるのが予想できる。しかも披露宴メニューって結構月並みだったりしてそれを試さないで出すのはリスクが高すぎるということで、7月に再訪してテイスティングを行ったのです。

その際に、ホテル側からは通常オファーするメニューは忘れて一緒にメニューを考えましょうってことになったので自分たちの好みを取りいられるが予算も考えないといけない。ということでテイスティングでは約20種類ものお皿を試してみました。

そこからリフと私で考えて出来上がったのが以下のメニューとなりました。

Carneros Garden Salad
Oven Roasted Heirloom Tomatoes, Chervil
Burrata Cheese, Japanese Cucumber,
Sourdough Crouton, Sauce Ravigote
DSCN5322



Dayboat Sea Scallop
White Corn “Polenta”, Black Truffle Vinaigrette
20



Colorado Lamb Sirloin
Yukon Gold Potato Purée, St. Helena Olive Oil
Salsa Verde
21



Chef’s Sweet Treats
Israel Family’s Chocolate Mousse Flambé
Panna Cotta Spoons
Mini-Chocolate Fudge Cakes
Lemon Meringue Tartlets
Seasonal Fruit Profiteroles
22



サラダが出てきた瞬間、愕然とした私とリフ。だって全然7月に食べたものと見た目も中身もショボイ。これは全然違う。味は美味しいけどオーダーしたものとは違うの。

スキャロップも美味しいんだけど冷たくなりすぎているのと黒トリュフが入っていない。

というハプニングがありましたが、皆さんには美味しかったと言っていただけたし、私たちもエンジョイできたので幸せの席ですからこれ以上は何も言わないことにしました。笑。


ケーキですが、普通のケーキカットを考えていたんだけど、私甘いものあまり好きじゃないの。で、ケーキのテイスティングの後に吐いちゃったという苦い経験があるので普通の甘いケーキは却下。
その代わり、リフの家族で代々伝わる誕生日ケーキ=チョコレートラムムースのフランべを再現することにしたのです。

レストランの規制が厳しく大々的な炎を上げてのフランべができないということで結果、相当ショボいフランべになっちゃったのですが、それもご愛嬌。。。苦笑。

フランべの後には一人一人にチョコレートムースが配られ、後はデザートビュッフェ。

でもお酒の大好きな参加者ばかりで全然デザートが減ってませんでした!


ワインのペアリングは1,2コースは私の将来の弟になるトラヴィスがワインメーカー、O'Shea Scarsboroughのオーナーなので、彼のワインとのペアリングに。(トラヴィスはリフの妹の婚約者)。

ラムとのペアリングはArcadian Wineryのピノ・ノワール。

え、どれもナパのワインじゃないって?ハハハ。そうなの。
でもスパークリングワインはMummにしました。。。


でも、美味しい空気と素敵な人々に囲まれて食べる料理は何でも美味しいなーって思いました。




人気ブログランキングへなんか本当はこの記事書くとご招待した皆様に舞台裏をお見せしているようで嫌だなーやめようかなーと思ったのですが、自分の思い出のための日記としてここに書き記して残すことにやっぱりしました。。。。参加してくださった皆様、ご気分を害されませんように。。

新しいランキングに登録してみました。。。クリックお願いします!