なんかすごいところに行ってきました。
本当は金曜の夜、ディナーを食べた後に行こう!って盛り上がっていたんですが、私のパワー切れ。

するとお昼もやっているわよ、絶対行くべき!と強いすすめられたので行ってきました。その名も「Sketch」というおレストラン&バー(?)。

パーラー、「レクチャールーム」と言われる高級レストラン、会員制バー、アートギャラリーなどのエンターテイメント性あるスタイリッシュレストラン。

入口はなんてことない場所。
なんてことなさすぎて、通り過ぎてしまいそうになる。でもタクシーのお兄ちゃんに住所を言ったら、オシャレそうでないお兄ちゃんも「ああ、Sketchね」って知っていた。有名なところなのね。

DSCN6656


中に入ると天井の高い廊下があり、右側にはパーラーと呼ばれるカフェ&レストラン、奥にはアートスペースや高級レストラン、そしてその奥を入るとまた違うバー&レストランに会員制バー、そして不思議空間のトイレ。。

これは是非夜に来たい怪しげ空間。アートもかなりアバンギャルド。

このSketch。パリで三ツ星レストランを持つピエール・ガニエール氏とアルジリア生まれのオーナーが立ち上げたお店とあってレストランの食事、そしてデザート類も相当美味しいと評判。

我々が到着した12時には奥の「レクチャールーム」は残念ながらまだオープンしてなかった(ウエブサイトには12時からとあるのだが)ので、仕方がなくカフェチックな感じの「パーラー」で食事することに。

どうやらここは
「パーラー」(朝食からやっている軽食カフェ&レストラン)
「レクチャールーム」(高級レストラン)
「ギャラリー」(夜遅くだけやっているアートと食の融合スペース)
「ザ・グレード」(ここのランチメニューをパーラーで食べました)
そして会員制の「イーストバー」
という構成みたい。多分。

多分、といったのはこれ全て今ホームページで確認したことなんですが、とにかくこのウエブサイトが分かりづらい。「私年とったのかしら?」と一瞬悲しくなるが、とにかくフラッシュページ多すぎ。ポップアップメニューだかなんだかが多すぎ。動きありすぎ。分かりづらすぎ。

アートな方々こういうのがいいのかねー。なんだか遠い昔、両親に「忍者屋敷」に連れて行ってもらって、歩く度に新しい仕掛けを発見しては喜ぶ幼いころの自分を思い出しました。そのバーチャルバージョンみたいなもん。

いろんなところクリックして仕掛け発見してみたぞ。ある意味面白いけど、直球に情報欲しい場合は、こういうの超ウザい。

ま、そんなことは良いとして。

「パーラー」でお食事した相手は化粧品会社で働いていた時の元同僚、Nちゃん。
2年ぶり?の再会です。彼女は半年前から、旦那様の駐在でロンドンに来ています。1年ちょっと前にママになったばかり。

Parlour



Nちゃんが頼んだSketchサンド。
サンドウィッチにSKETCHって描いてあります。下手だけど。
DSCN6666



私の頼んだクロックムッシュー。
でも出てきたら程遠いものが。味もクロックムッシューとは程遠い感じ。
でもま、美味しいしヘルシーだから良しとする!
DSCN6668



この間我々、カクテルそれぞれ2杯ずつオーダー。Nちゃんも赤ちゃん連れじゃないからね!2年間の空白を埋めるべく、二人とも弾丸のように話し続けました。


で、なんといってもここで一番感動したのはコレ。
DSCN6662



別の角度から。
DSCN6665



階段はこんな感じ。
DSCN6664



このタマゴちゃんたちは、なんと個室トイレ
最初トイレの場所が分からず、迷っているところをお店の人に声をかけられ、トイレ探してるんですけどーというと、「あ、エッグの形のがあるよ」と言われて、何の事だかサッパリわからなかったの。

で、階段あがってみたら、、、、あ、なるほど。これのことね


エッグの中に入ると、オーディオ内蔵で私が入った時は空港のアナウンスメントみたいなのが流れてました。「XXXXエアラインーXXX便はーー」みたいな。

でもここを紹介してくれた人によると、夜はなんだか怪しげでH系な声が流れるらしく、最初は隣のエッグで男女が怪しげな行動に出ているのではと思ったらしい。


美味しいと評判だったらしいデザートも食べませんでしたが、次回は是非Sketchの夜の世界と食事をエンジョイしたいと思いました。


Sketch
9 Conduit Street
London, W1S 2XG, United Kingdom
020 7659 4500


人気ブログランキングへ今日家の近くのジムに行ったら。。。。平均年齢70歳くらいでした。すごいなーみんな頑張ってるぞ!私も頑張るぞーい!