May 17, 2012

高橋裕子舞踊団チャリティ公演のお知らせ!

5月11日(金)に行われた、J-Collabo The Art of Beautyイベントは盛況のうちに終わりました。

京都からお迎えした顔師の城間さとみさんの一瞬のすきもない見事なメークに、息をのみました。
琴奏者の黒澤有美さんの素晴らしい演奏はAudi Forumの会場に繊細に響き渡りました。
画家の西村理恵さん、書道家の八戸香太郎さんがパフォーマンスも、観衆が引き込まれていました。

また当日は宮城から来られていた高橋裕子舞踊団が魅惑的で繊細なパフォーマンスを披露してくださいました。Love Japanプロジェクトもこの日開催したチャリティセール及びサイレントオークションで集めた義捐金、約2500ドルを直接舞踊団の皆様にお渡しし、それを宮城復興支援センターさまにお渡しいただくことになっています。

実はその、今週高橋裕子舞踊団がチャリティ公演を行います!
高橋裕子舞踊団は仙台を拠点とするモダンダンスカンパニーで、今回東日本大震災後初めてのニューヨーク公演を行ないます。

YTDC_DDF_Biographies


5月18〜20日には前衛舞台芸術をリードして来たダウンタウンの芸術団体ラママE.T.C.の「ラママ・ムーブス」ダンスフェスティバルに招聘を受けているほか、被災地の舞台芸術支援のアピールを目的としたチャリティ公演を17日、19日に開催します。

演目は、「神の天秤」、「ジェノサイド」、「Memory of Rain」、「稚ケナク愛ラシキ者タチヨ」など、ほぼ全編がこの一年以内に創作されたアメリカ初演作だそうです!

バレエやモダンダンスのダイナミックな技法に日本的な繊細さの漂う感情表現を融合した高橋裕子独自の舞踊空間の中で、今回の震災の犠牲者の方々への祈りと不屈の魂をアブストラクトな舞踊で表現されるのとか。

そんな舞踊団のダンサーたちは皆、入賞の困難な全国舞踊コンクールでほぼ毎年上位入賞を果たす実力者が揃っていて、また振付、衣装でも過去に数々の賞を受賞しているのだそうです。

高橋裕子舞踊団は、2008年と2010年にニューヨークでショーケース公演を実施、2010年には日本の団体として初めてダウンタウン・ダンスフェスティバルに出演、サンフランシスコのジャイアントスタジアムでもダンスを披露していらっしゃるベテラン集団です。

昨年3月11日から2 週間後、舞踊団と併設された高橋裕子モダンバレエ研究所は絶え間ない余震の中、特に子どもたちに不安な日常を忘れる時間を与えたいとの思いでレッスンを再開したのだそうです。
しかしながら、主に地元民が受けた経済的なダメージから、震災後、生徒の数は大幅に減少、舞踊団のメンバーも、「今、踊っていて良いのか」という自問自答を重ねた一年間だったのだとか。
宮城県の文化施設は壊滅状態にあり、行政の手がなかなか廻らない被災地の芸術文化振興を民間から呼びかけていく努力を続けていらっしゃいます。

踊りとは、悲しみ、怒り、喜びを全身で表現できるもの。そしてそれはグローバルランゲージでもあるのです。被災地出身の皆様が言葉はなくとも体で皆様にメッセージを伝えてくださいます。

是非皆様、お誘いあわせの上、いかれますようお願いします!私も19日(土)に拝見するのが楽しみです!



[INFORMATION]

 

◎ 日時 2012年5月17日(木)午後7時30分開演

  5月19日(土)午後3時開演

◎ 会場 Facing History School Auditorium

(525 W. 50th Street, between 10th & 11th Avenues, NYC)

◎チケット:一般15ドル、学生・シニア12ドル

◎お申し込み:www.smarttix.com
/212-868-4444

◎お問い合わせ:ytdanceny@gmail.com / 646-369-4068

プロモビデオ:http://www.yt-dance.jp/movie.php



人気ブログランキングへ仕事と子育てで全くブログまで手が回っておりませんが、マイペースで続けますので引き続きよろしくお願いします!





fujiko55 at 15:27コメント(0)トラックバック(0)Love Japan  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ