すきやばし次郎の見習いを長くされていた方がWest VillageにオープンしたSushi Nakazawa。
アメリカ人の食通の間では見ていない人はいないくらい人気となったドキュメンタリー映画「Jiro Dream of Sushi」で一躍すきやばし次郎の名はアメリカに広まりました。
アメリカでは一口に寿司といってもピンからキリまでありますが、そこはニューヨーク。ニューヨークの食通はやはり世界基準で美味しい寿司、即ち日本で食べられるくらいの寿司を求める人が増えてきていると思います。

そんな本格寿司ブーム、そしてJiro Dream of Sushiの映画の人気も相まって今回のSushi Nakazawaのオープンは話題となり、やはりオープン当初から日本人よりも多くのニューヨーカーが訪れたようです。

私たちもオープンしたてではありますが、お邪魔してきました。日本人は我々のみ。

ウエストビレッジの瀟洒なたたずまいのお店は一瞬美容室みたい、と思っていたらやはりこのお店になる前は美容室だったのですって。
IMG_0861



手前に10人程度が座れる寿司カウンター、そして奥にはテーブル席もあります。
とはいえ、どちらもメニューはありません。おまかせのみ、一本勝負です。

お酒のペアリングやお酒のメニューはありますが、食べ物はつまみも刺身も何も出てきません。いきなり寿司からスタートです。
自家製のガリだけが寿司以外で出てくるものです。あ、あとデザートのメロンと。笑。

私はサーモンの寿司が好きではないので、それだけはずしてもらいました。

IMG_0834
縁側を炙ったもの。

IMG_0836
メイン産のホタテ。

IMG_0837
ミル貝

IMG_0840
アワビ。柔らかくなるようにテンダライザーを使ったそうですが、私はこりっこりのアワビが食べたかった。。。。

IMG_0841
サンマ。程よい脂ののり具合。

IMG_0842
サバ

IMG_0843
カワハギ。上にはお決まりのキモが乗っています。中にはわさびの代わりにもみじおろしを使っているそうです。美味しい!

IMG_0844
ヒラメ。上には柚子の皮のすりおろしたもの。

IMG_0845
クルマエビ。新鮮で甘くておいしかったです。

IMG_0846
そして大きなゆでエビ。これも美味しかったです。

IMG_0847
シマアジ。

IMG_0848
カツオ。

IMG_0849
マグロ。赤身。

IMG_0850
中トロ

IMG_0852
大トロ。

IMG_0853
特別注文のコハダ。この日はヒカリもので出てこなかったので追加でお願いしました。

IMG_0856
サンタバーバラのウニ。

IMG_0857
イクラ。とっても小ぶりの軍艦巻きです。でもこのイクラは非常に美味しかった!

IMG_0858
アナゴ。

この後に鉄火?の巻物とタマゴ、そしてメロンで終了。
タマゴまではたどり着けず、せっかくタマゴを次郎でずっと焼いていた方でしたのに、失礼しました。

できるだけ日本からネタは輸入せず、地元でまたその近辺で取れる魚をメインに使うとおっしゃっておられました。そこらへんはYasudaと似ているのかも。

どれも新鮮なネタで美味しかったですが、シャリが私の好みではなかったので感動の嵐というほどではなかったです。でも来ていた他のお客様からは絶賛の嵐でした。
私はゆでエビ、イクラ、中トロ、大トロあたりがネタ的に美味しいーと思いました!

ただちょっと、寿司カウンターコーナーに緊張感のような張りつめたものを感じ続けているのが落ち着かなかったです。オープンしたての緊張感がこちらにも伝わってきた、という感じでしょうか。
それはいい意味でもありますよね。。もう少ししてからお邪魔すると適度にリラックスされていいのかも?


テーブル席でもおまかせで寿司がいくつかまとまってグループで出てくるそうです。
IMG_0860
これが店内の様子。


ごちそうさまでした!

Sushi Nakazawa
23 Commerce St
New York, NY 10014
(212) 924-2212



人気ブログランキングへめっきり涼しくなりました。お鍋の季節ももうすぐですね。