French フレンチ

July 02, 2013

写真の整理をしていたら少し前のTocquevilleランチの写真が出てきたのでアップします。

学校の1年後輩のR子と二人でのんびりランチです。
しかも何故か激空き。この日のランチは私たちとチャイニーズの赤ちゃん連れの家族だけの2組だけ。
おいおいー大丈夫か、と思いつつも、このゆったりとした空間での贅沢ランチもなかなかです。

Tocqueville
こんな広い空間に二組なんて贅沢。

なのでサービスがとっても良かった。笑。

私たちはテイスティングコースをオーダー。5コースだったと思います。68ドル。

おしゃべりに夢中で写真をあまり撮らなかったのでもっとこれ以上あったと思うのですが。。。

最初のアミューズがかなり出てきました。それらは写真を撮っていなかったので他の方の写真を拝借。

ビーツのカネロニ
Beet Cnnolini
中にゴートチーズが詰まった定番のおいしい味。回りのビーツがパリパリ!

Croquette
Croquette


Cheddar Gougeres
Cheddar Gougeres
どうやらこれは定番みたいですね。熱いうちに食べなさいーー!!!とお店の人に言われました。確かに熱いうちに食べたらおいしい!チーズのシュークリームですよね、要は。

フォアグラー
RIMG0917


ウニパスタ
RIMG0919
うにパスタなんて言ったら失礼でしょうけど、まあそんな感じ。これはここのシグニチャーディッシュです。日本人にも大人気。


RIMG0920


RIMG0921


RIMG0923


RIMG0924


RIMG0926



すごくないですか、この量。これで68ドルはとってもリーズナブル。しかもこれだけじゃなかった気がするし、二人にはそれぞれ違うものが出てくるコースがあるので、シェアしながら食べたりしてとても楽しかった。

あっという間の時間でお腹いっぱい、シャンパンも飲んで、それで一人100ドル程度。おすすめランチですよ!


Tocqueville
1 E 15th St
(between S Union Sq & 5th Ave)
New York, NY 10003
(212) 647-1515



人気ブログランキングへレイバーデーまでの間はグリーンマーケットメニューというユニオンスクエアグリーンマーケット近くの立地ならではのコースメニューを提供しているTocuqville。3コースでランチは39ドルだそうです。こちらも是非試してみたいなああ。


fujiko55 at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 

March 31, 2013

Bond Streetにできた比較的新しいフレンチレストラン。
素敵なインテリアで雰囲気もいいです。
名前がLe Philospheというだけあって、壁にはフランスの哲学者たちの写真がずらーーっと並んでいます。

RIMG0969



Radishをバターとソルトで。
RIMG0952


フォアグラテリーヌ
RIMG0950
正統派的なお味でおいしい。


Tournedos Rossini
RIMG0953
トゥルヌド・ロッシーニ。牛ヒレ肉にフォアグラ、トリュフソースの乗った贅沢お料理。これは食べてほしい!

Duck a l’orange
RIMG0962
そう。こちらも定番、鴨のオレンジソース。こういう正統派はお料理がこちらは上手みたいです。

盛りだくさんのデザートも食べておいしかった。
RIMG0966
RIMG0967


どうやらここの壁に飾られている35人の哲学者の名前をすべて言い当てられた人はお料理がただになるそうですよー。

バーエリアは小さいですがこちらも混んでました。
RIMG0963



家から遠くないのでまた来たいな、と思います。


Le Philosophe
55 Bond St New York, NY 10012
(212) 388-0038


人気ブログランキングへ明日はイースターですねー!

fujiko55 at 13:03コメント(0)トラックバック(0) 

March 05, 2011

昨日は結婚記念日のディナーでした。
すごい遅い9時半でしたが、すごく混雑していたDaniel

実は改装してからまだ来ていなかったので楽しみでした。

テーブルに座って、何かほかのところとの違いに気づいた我々。。。
あれ???何でうちのテーブルだけこんなに豪華なお花が??

RIMG1003


いやーーーーん!!!なんとーーーーー次女の肉オカマ様、タカシが粋なはからいをしてくれて、ここにお花とカードを届けてくれたのです!!なんて優しいの!!!
それにとってもセンスがいいったらない。。

お店の方にも「今日はこんな素敵なお花が届いたけど何かスペシャルなオケージョンなの?」ってきかれました。

さてさて。。

ただここ最近あまり調子が良くないのであまり沢山食べられないし飲めないかも、ということで今回はテイスティングメニューではなくプリフィックス3コースにしてみました。

恥ずかしいので即効写真撮ったからブレブレですが。

アミューズ。キャロットを使った3種。
RIMG0991



私は今日のスペシャルのフォアグラ。ジンジャーのピュレがのっていてユニークだけど、もうこの調理加減が最高。今まで食べたフォアグラの中でもぐんを抜いて美味しい。
RIMG0992



メインディッシュは私はQuail。Quailがベーコンで巻いてあってフォアグラが入ってました(またもや。。。自分がフォアグラになるっちゅーの。笑)。
RIMG0994



リフはビーフ。
RIMG0996



文句なしでQuailの勝ちー!

っていうかこれだけじゃ全然足りない。。。笑。帰りにラーメン食べて帰りそうになった。。

デザートは。。

球状ココナッツ。バニラとパイナップルのクリーム?が。。
RIMG1001


チョコレートのデザート
RIMG0999


そしてこんなに素敵なデザートのケーキをサービスでいただきました。先ほど記念日だということを言ったからだと思います。
RIMG0998



そして最後にはリフとダニエル氏が談笑。。。リフの元ボスとダニエル氏は仲良しなので。

RIMG1004



3月3日の素敵な結婚記念日を、今年はまたスペシャルに過ごすことができました。
ありがとう!



Daniel

60 East 65th Street, New York
(212) 288-0033


人気ブログランキングへ3月はこのまま幸せモードで過ごしたいー!





fujiko55 at 15:40コメント(8)トラックバック(0) 

February 15, 2011

NYでは本日がバレンタインデーですが、今日は旦那様にとってはレストランで最も多忙な夜の一日ですから、お休みはできないということで、昨日日曜にバレンタインディナーに連れて行っていただきました。

でも実は金曜から風邪気味だった私は、一生懸命生姜ティーやらオレンジジュースやらを飲んで(オレンジはASHSUEさんから良くないといわれましたが、なんと2ガロン分を飲んでしまいました汗)、何とか良くなろうと頑張ったんですが、やっぱり睡眠が一番のようで。

結構睡眠を取ってなんとか日曜の夜には出かけたい!という気分になることができました。

タクシーに乗るまでどこに行くかを教えてくれなかった彼、タクシーに乗って行き先を告げた瞬間どこかわかりました。「あ、Aureoleでしょ」。あのあたりにレストラン、あんまりないものねー!

実は場所が変わってからAureoleには行ってませんでした。前のロケーションの時のディナーもあまり感動した印象も残っていなかったことから、あえて出向かなかった新しいロケーション。


昨年末にエグゼクティブシェフがChris LeeからChristophe Bellancaに変わったことでもニュースとなりました。
これによりメニューも一新されたとのことなので、ちょっとワクワクです。

42丁目の6アベニューというオフィスビルの一階に位置したお店は普段はビジネスディナーなどが多いようですが、日曜になると少し様子が違うようです。しかもバレンタイン前ということでカップルも多かったです。

手前がカジュアルダイニングで奥がファインダイニングルーム。
少しメニューが違うようです。

私たちが座ったファインダイニングルームの角は落ち着く雰囲気。
シャンパンで乾杯スタートです。

RIMG0935



マルペックオイスター。キュウリのフォームと柚子ビネグレット

RIMG0936
最初の一口で感動。これはもう何個でも食べられます。シャンパンとの相性も抜群。


Squabとスクワッシュのスープ
RIMG0938
こちらもSquabも美味しく、優しいお味です。もっと食べたかったくらい。


ビーツとコンテチーズのカルパッチョ
RIMG0940
美味しいのもそうなんですが、見た目にも素晴らしいです。この真ん中のグリーンたちはホースラディッシュクリームの上にマイクログリーンたちがきちんとデザインされてレイアウトされているんです。。マイクロガーデンって説明してくれました。食べるのがもったいないくらい綺麗。


ピーキートークラブ
RIMG0941
ソイジュレはポンズ味だったと思います。酸味もあって蟹の身とあわせて食べて美味しい!


フォアグラヌガー
RIMG0942
これはね、期待してたほどあんまりでした。ブリオッシュが脂っぽすぎたのも良くないけど、ヌガーがちょっとしつこい。


シースキャロップ
RIMG0944
このスキャロップは美味しかったなーーー。こちらのプレートもなんだか遊び心のあるレイアウトで可愛い。なんだか見てるだけで微笑んでしまいます。


ファオグララビオリ
RIMG0945
イヤーーこれ美味しい!!なかのたっぷりフォアグラに上にかかった黒トリュフ。まさに贅沢の極み。嬉しいー顔がほころぶお味です。


というか皆さん、ここまで食べてて食べすぎと思いますよね。。。そうなんです。。。このくらいの時点で私もだいぶキテました。

ということで無礼ですが、おトイレ退席。。なのでこのあとの一品の写真は撮り忘れたのですが、、、

ポーチドストライプバス。下にはクマモトオイスターが。うえにもたっぷりとオセトラキャビアが。このすごい組み合わせでしたが、ちょっともう限界で半分残したひどい人。


フリーレンジチキン
RIMG0947
すごいこの量。食べ切れない。。フリーレンジとはまさしく放し飼いで育てられた鶏ちゃんです。元気に育ったチキンなのですが、テクスチャーですぐSous-videされているとわかった。。なんか自然な放し飼い鶏なのにかなりテクニカルというかサイエンスを駆使したようなSous-videで調理するのがもったいないというか意に反しているというか。。ということでこれは好きじゃなかったです。味もピスタチオとハラペニョという甘辛な感じで下には日本のナスが乗っていて、うーん。私は好きじゃない。


スパイスダックブレスト
RIMG0948
いやーいちいち綺麗なお皿。と感心しつつ食べてみるとお味も最高。この鴨胸最高でした。最後の最後になってペロリと平らげ、旦那もビックリ。
ブランデー漬けされたチェリーと一緒に食べて、、横にいる大根はあんまり意味ない感じでしたが口の中をクレンズしてくれる感じでした。


いやーこうやってみるとやっぱり食べましたねー。。。


最後にデザートも。

RIMG0949
RIMG0950




前の場所の時のAureoleよりも断然美味しいと感じた今回。これは12月に変わったシェフのお陰なのかも?

帰りに地下のキッチンを見せて頂きましたが、フロアよりも広いキッチンでビックリしました!

またお邪魔したいです。

Aureole
135 West 42nd Street
New York, NY 10036
(212) 319-1660

人気ブログランキングへということで昨日はあんなに食べちゃったのでバレンタインなのに家でしょんぼりしています。まだ風邪が続いているようです。。。





fujiko55 at 11:39コメント(8)トラックバック(0) 

December 27, 2010

クリスマスイブは珍しく旦那様がお休みでしたので、彼の希望で新しくできたフレンチビストロ、Lyonに行くことになりました。

ウエストビレッジにあるこのお店、雰囲気もカジュアルな感じ。早めのディナーでしたので、お客様もそこまで沢山いませんでした。

RIMG0638


メニューもとてもシンプル。今日の気分で即効選んだのはこちら。


シャクテリーの盛り合わせ
RIMG0641
モノによっては味が薄く、モノによっては塩気が強いという感じでばらつきがありました。

オニオンスープ
RIMG0642
ビーフブリスケットがたっぷり入ってます。とろけそうなビーフにオニオンスープの濃厚な味。体の芯から温まる美味しさでした。若干塩気が強かったですが、赤ワインと相性はばっちり。これだけ食べに来てもいいかな。


グリーンペッパーコーンステーキ

RIMG0644
こちら、マーケットプライスで40㌦。40㌦はちょっと高いのでは、という味と肉の質でした。
肉に旨味もなく焼き加減もミディアムレアと頼んだはずがミディアム。ただペッパーコーンソースは美味しかったです。でもオーバープライスだな。

全体的にオーバープライスかなーと思わせる内容。ただしオニオンスープはまた食べてもいい、って思ったので週末ブランチに来るのがいいかも、と思いました。

でもまあ何を食べても幸せな気分になるのがクリスマスですよねー♪
ハッピーハッピークリスマス!

Lyon
118 Greenwich Ave
(between 12th St & Jane St)
New York, NY 10011



人気ブログランキングへさーて次のイベントはNYE!!??



fujiko55 at 00:58コメント(0)トラックバック(0) 

September 04, 2010

本当に久々すぎる更新です。
最近は本当に忙しく、寝る暇もなくなってきました。

来週は日本出張も控えていたりとまたまたばたつく日々がやってきました。なので更新は負担にならないように気楽にやっていきたいと思います。


さて、この間両親が来てくれていた時の外食三昧の日記を続けます。

この日はジャンジョルジュに行きました。

アミューズ
RIMG0042
ビーツのスープ。。。父いわく「ほかの席の人からさげられているお皿には皆ビーツスープを残したままだ」。。そう、なんかこうしっくりこないお味でした。

エッグキャビア

RIMG0043
中はとっても甘かったです。でもなかなか面白いお味で美味しかったです。

シースキャロップ
RIMG0044
上のカリフラワーも美味しく、スキャロップの調理加減もよくこれはとても美味しかったです。ソースはケーパーとレーズンのエマルション。このソースも美味しかったです。

ガーリックスープ
RIMG0045
とってもとってもガーリックの効いた衝撃的な感じのスープ。かえるの足のソテーが添えられていました。

Turbotのchateau chalonソース
RIMG0046
私にはちょっと甘いソースですが、お魚には合ってたのかしら。。ちょっとオーバーパワーな感じがしましたが。

ロブスター
RIMG0047
レモングラスの香りがしました。。。

Squab
RIMG0048
ひな鳥。。美味しそうですがここまできてかなりお腹いっぱいになってました。。横にはコーンパンケーキの上にフォアグラが。。私の好きなフォアグラがなかなかたどりつけなかった。。。

デザート
RIMG0049
なんとチョコレート尽くしのデザートです。
かなり思いコースの後にこの甘みと重さ。。。かなりこたえました。


正直言って「最高!美味しい!やっぱりミシュラン三ツ星!」という感動まではなかったのです。普通に美味しかったのですが、そっかーこれが三ツ星かーという感じ。
しかし甘いもののこの攻撃には参りました。



Jean Georges Restaurant
1 Central Park West, New York
(212) 299-3900



人気ブログランキングへ来週から日本なんですけど、飛行機乗るのが11日なんです。。そう9月11日。何だかちょっと怖いと思ってしまう。。



fujiko55 at 12:22コメント(4)トラックバック(0) 

April 17, 2010

2日めの夜は皆さんでMontparnasse 1900という老舗な感じのフレンチブラッセリーに行きました。

インテリアがとっても素敵。

天井はうっとりするほど。
RIMG0084



RIMG0085



プリフィックスメニューをオーダー。

フレンチオニオンスープ。やっぱりね、フランスに来たら頼むでしょ♪
RIMG0087


同僚が食べていたグレープフルーツ、シュリンプアボカドのサラダ。これもさっぱりしていて美味しかったです。見た目にも綺麗。
RIMG0088



メインはストリップステーキ。結構ボリュームたっぷり。
ソースはとっても濃厚でした。
RIMG0089



デザートの前にチーズ。
RIMG0092



私はソルベの盛り合わせ
RIMG0093



同僚はパイナップルカルパッチョ
RIMG0094



あとクレームブリュレ
RIMG0095



結構リーズナブルですけど美味しいし、なんていったって雰囲気が素敵。
素敵なパリのマダムみたいな方もお食事していました。



Le Montparnasse 1900

59 Rue du Montparnasse
75014 Paris, France
01 45 49 19 00



人気ブログランキングへ何故かNYに帰ってきてからむしょーにお寿司が食べたい!!日曜は寿司!



fujiko55 at 04:59コメント(0)トラックバック(0) 

April 16, 2010

無事にNYに戻ってきました、fujikoです。

今回は短期間ながらまー話題につきない出張でした。

まずは出発早々つまづいてしまった私。日曜出発だということで甘くみていたトラフィック。事故渋滞だかなんだかに巻き込まれ、JFKまで普段30分で行くところが1時間半かかってしまったの。。。
で、到着したら「もう乗れないわよ」と言われ、、半べそかいていたら「あなたはじゃあ乗れるとしても、スーツケースは駄目ね」といわれたので、なくなくスーツケースをあきらめることに。。。

1年半前くらいに京都で買ったばかりなのにーーー。
スーツケースはここずっと軽くてソフトタッチなRimowa一筋だったのだけど、もー悲しいーー!

チェックインしてすぐさま近くにあるスタバだか何だかのコーヒースタンドに行き、コーヒースタンド横で販売していたオヤジ臭い黒いナイロンバッグを即効購入。んでもってスーツケースの中身を全部そっちのオヤジバッグにせっせと詰め替えて。。。

スーツケースはスタバのお姉ちゃんにプレゼント。。。。するしか術はなかった。

あー悲しいスーツケースとの別れ。

でもおかげでぎりぎりセーフで間に合いました。いや久々です。こんなにびびったの。この飛行機乗り遅れたら次の日までフライトなかったんで。。


さてさてようやく無事にパリに到着しましたが、今回は化粧品の展示会に参加するための出張なのでホテルも都心ではありませんでした。

パリ滞在のお友達Kyokoちゃんに聞いたら、このあたりって池袋的感覚らしい。。ふぇーん。

なのでまたまた都心でお買い物すらできなかったのですが、この日の夜は会社の女性3人でちょっとだけ繰り出してお食事。

今年で開業100年となる、老舗ホテルHotel Lutetiaの中にあるBrasserie Lutetiaへ。こちらのお店のデザインはなんとソニアリキエルによるものなのだそうです。。

ブラッセリーの外には新鮮な魚介類が売られているみたいでした。シーフードが有名だったみたい。。。

なのに肉頼んじゃった私。苦笑。

RIMG0075


ラムチョップと野菜の付け合せ。野菜は沢山の種類が楽しめてすごく美味しかった。ラムチョップも美味しい。


インテリアはこんな感じ。

RIMG0076



RIMG0079
RIMG0080



私たちは頼まなかったですが、デザートに「ソニアリキエル」と名前がついたチョコレートケーキがありました。

とっても落ち着ける素敵なレストランでした。

ホテルの中もアールデコ調で一見の価値アリよ!と言われましたが時間がなく見ていません。
でも外観は雰囲気が良かったです。



Brasserie Lutétia
23 Rue de Sèvres
75006 Paris, France
01 49 54 46 76



人気ブログランキングへ帰ってきて早々何故か冷凍ものの「たこ焼き」食べちゃった。誰のせーい?笑



fujiko55 at 06:46コメント(4)トラックバック(0) 

March 05, 2010

リフが予約してくれていた二人で一緒に行きたいね、と言っていたLe Bernadinへ。
前日から「何着るの?」と聞かれるまでは適当に昔のワンピースだかドレスでも着ようと思ってたけど、そこまで何度も聞かれると、やっぱりおしゃれしないといけないのね、ってことで、急遽Max Azriaにてドレス購入。
BCBGはお手ごろだし可愛いからこういう急遽時間がないときに買う一着にはかなり愛用しています。

今晩はリフがご馳走してくれるので、申し訳ないのでネクタイをプレゼントしました。


私たちが頼んだのはLe Bernadinテイスティングメニュー。

RIMG0003


メニューに書かれた言葉「Fish is the star of the plate not the chef」
そうここはフレンチシーフードのお店なのでね。


アミューズ シュリンプのラビオリ
RIMG0005
一口サイズのラビオリ。濃厚なフォーム状のソースが気分を盛り上げます。


イエローフィンツナとフォアグラ
RIMG0010
薄いトーストの上にフォアグラが乗り、その上にイエローフィンツナが敷き詰められています。ツナの上にはチャイブが沢山かかっています。ユニークな組み合わせだけど、感動はしなかったなあ。オリーブオイルが上からかかっているのですが、少し酸味があったほうがいいので、レモンをもう少しかけるとか、っていうのがほしかったかなあ。


オクトパスの豆鼓ソース
RIMG0011
こちらはうってかわってかなーりチャイニーズなお味。豆鼓は発酵した黒豆で頻繁に中華料理で使われますが、それと小さいダイス状にしたアジアンペアがたっぷりタコにからまっていました。
とっても中華なのですがお味は美味しかったです。でもタコ本来の味わいが何もなかったし食感も変だった。


スキャロップ
RIMG0012
こちらサービスで頂いたのですが、芽ねぎのソースだったっけな?とスキャロップがとても良く合っていました。スキャロップも限りなく生に近い感じで甘さたっぷりで美味しかった。


スケート
RIMG0014
スケートとはエイの仲間のお魚ですが、その白身のお魚にパリパリの海苔がかぶさっています。黒いのが海苔ね。その周りにはオイスターが。で、後からソースをかけてくれました。

RIMG0015
ソースはなんとポン酢ビネグレットです。かなり和テイスト全開。
スケートの味がほとんどわからないくらい海苔の味とポン酢の味が強かったです。


ストライプトバス
RIMG0016
RIMG0018
これは私ほとんど残してしまいました。なんだかね、ソースが苦かったのです。焦げたような味。でもってお魚の上に乗っているフリッセサラダと生っぽいコーンが苦くてちょっと混乱しました。おそらくフリッセがのっているのはしゃきしゃきした食感を加えたかったのだと思いますが、うーん。ソースが苦くて。。。失敗だったのかなあ。。。


サーフ&ターフ Escolarと神戸牛

RIMG0019
Escolarとはムツの仲間みたいです。ソースは赤ワインソース。右二つのフライは日本の茄子です。


デザート
RIMG0021
マスカルポーネとコーヒークリームの味。塩気もあって美味しい

RIMG0022
シナモンキャラメルパルフェ。シーソルトがかかっていて塩キャラメルみたいな味!笑

RIMG0020
RIMG0023



いやーーーおなかいっぱいです。久々にコースメニュー堪能したけど、もうあんまり食べられませんっていうかこの1週間前おなか壊していたからかも。。ワインもほとんどリフに飲んでもらって、最後はコーヒーばっか飲んでました。苦笑。


実は今まできたことがなかったLe Bernadin。私たち期待しすぎていたせいでしょうか、ちょっと期待はずれでした。とはいえ一度だけの訪問じゃわからないですよね。。うーん。これだったら美味しいお寿司2.5回行った方がいいなーーーっていう値段でしたしねーーー。

それともたまたま私の体調が万全じゃなかったからでしょうか。ま、何はともあれ楽しい幸せな1周年記念だったことには間違いないのですが、最近感動するレストランに出会ってないなーと思った今日この頃でした。

何はともあれ、これからもよろしくーー
RIMG0024
私が買ったネクタイしてくれているリフです♪




Le Bernardin

155 W 51st St
New York, NY 10019
(212) 554-1515




人気ブログランキングへ今日は大人しく家ご飯。豚肉の味噌漬けです!




fujiko55 at 09:20コメント(8)トラックバック(0) 

February 08, 2010

先週の寒い金曜日。体の中から温まる食べ物が食べたいねーってことでお友達3人でArtisanalに行ってきました。 
最後にここに来たのは3年以上前かしら。
つい先日、ダウンタウンにできたBar Artisanalに行ってチーズフォンデュを頼んだら、底が見えそうなくらいの少ないチーズフォンデュの量に我々女性4人が呆れた思い出があったので、本家にてちゃんとしたフォンデュを食べさせていただこうと来たわけですが。。。

まずこのお店、以前の時もテーブルとテーブルが狭くてなんだか窮屈な感じの印象ばかりが残ってましたが、やっぱり今回もそうだった。特にレストランウィークだからなのか、あふれんばかりの人の量。この不景気にすごい人気です。私たちが通されたテーブルは小さな四角いテーブル。何故か壁際のテーブルなのに、無駄に斜めに置かれています。恐らくそのほうが両側の他の席との間があくというもくろみだったと思うのですが、私ら日本人女性の小さい3人はそんな無駄な斜めの席にするより、コジンマリと壁にそってテーブルをまっすぐにしたほうがいい感じ。(意味わかるかしら?)で動かそうとしたら、ウエイトレスの人に怒られそうになったので、「テーブルを少しまわしてこういう形にしていい?」って聞いたら即効「I don't thin so」だって。なんでーーー見てないのにーーー。こういう風にしたいんだけど、って言って見せたら不満げだけど納得した感じ。だってこれのほうがまわりにスペースが生まれるじゃないーー?

まあ、それは良いとして。。。

ちなみにこの週はレストランウィークで本レストランも参加しておりましたが、フォンデュはレストランウィークメニューになかったので、アラカルトでオーダーすることに。

まずはフォンデュ1-3人前。25ドル。それにお野菜、エイジドビーフ、ポテトを頼みました。パンは言わなくても付いてきます。

出てきたらやっぱりちっこかった。。底が見えるほどまでではないけど、かなりチーズ少ない。3年前のときは大きかったのは、あれは大きいサイズだったのね。

しかも出てきたらチーズが温い。温まるのにかなり時間がかかりました。15分くらい??

でもアツアツになったチーズは美味しかった。途中で頼んだソーセージはかなりオススメ。DSCN6834


でも3人分のフォンデュはちょい足りない。。。ってことで再度追加をお願いしたのですが、思い切って4-6人分をオーダー。笑。
店の人はビックリしてました。

DSCN6832


で、登場。今度は確かにさっきより二倍以上の量。しかもさっきより熱くなってる。満足。これくらいなくちゃ。で、我々は黙々とチーズフォンデュにムスカデと交互に。。

ようやく満足しきったところで、他のアラカルトメニューが登場。

DSCN6835


見えるかしら??奥にあるのがパンプキンの入ったマッシュルームリゾット。
これ食べる場所によって味が違うの。私は食べた瞬間に「甘っ!」って叫んだら他の人は「お、マッシュルームたっぷり」とか言ってて甘さは感じない。という一皿で何度も色々な味が楽しめると言うリゾット。でも見た目は作り置きしてた感があり。私たちがフォンデュ食べるの長過ぎてて待ってたのかしら??

手前はチーズ天ぷら。これは頼まなくていいです。お金の無駄。

エスカルゴですねー。ちょいこちらも冷めていて脂っぽかった。
DSCN6836



この後我々はチーズケーキとクレームブリュレをオーダー。そしたらなんとクレームブリュレのキャラメル部分が焦げていて苦かった!!!!
一応これは失敗に違いないということで別に新しいのが欲しいわけではないけど、一応言ってみようかなーとお店の人にお伝えしたら、「それが普通だ」とはねのけられてしまいました。。。
えーーーん。焦げてるよーーーー。苦いよーーーーー。
本当にこれが普通なの・・・???


ということで結論としては、チーズフォンデュだけに集中して今度は来たいと思います。

とはいえ、ここチーズで有名なんだから他のチーズディッシュも美味しいはず。とはいえこれまでにディナーで3,4回来たけど、毎回フォンデュ以外は確かに覚えてないかも。

今度はここのブランチでクロックムッシューとかグリルドチーズとか、チーズ専門でオーダーしようと思います。
(でもチーズ天ぷらは失敗だー)

ま、体は温まったので良しとするか?

Artisanal Fromagerie & Bistro
2 Park Avenue
New York, NY 10016-5675
(212) 725-8585


人気ブログランキングへでもこれなら自分で家でフォンデュとかにチャレンジしたくなるなーーー。専用鍋買おうかなーっ。




fujiko55 at 07:43コメント(4)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ