福岡

June 12, 2010

リフが博多フードフェアをやってから約半年、またまたTONTONのヒミちんが素晴らしい企画を立ててくれました!

博多フードフェア第二弾!今回のシェフは、あのアメリカ版アイアンシェフのジャッジで有名なVogueのフードライターJeffrey Steingartenのもとで働いていた、現在はフードネットワークで活躍するJoanne Liu!!!!

アーティストでもあり、ペイストリーシェフでもある彼女が作り出す料理は斬新で、且つ繊細なもの!

実際の博多フードフェアは今度の6月20日
昼の部($45 12時半〜)夜の部($65 18時半〜)があるそうです。

残念なことに私20日から韓国へと出張が決まってしまい、行けないーーーと思ってたら、、、優しい兄弟が試食会に偶然にも招待してくれました!

実際に行かれる方は楽しみにしたいと思うので、簡単な説明だけにしておきますね!(中味も若干変わると思います)

アミューズブッシュ
RIMG0677
なんと博多産、鶴味噌味のする一口シューと澄ましトマトウォーターのシューター!このトマトウォーターの中にはアルコールも入って、、、で、なんと味噌エッグなるものが!これがまたあっと驚く意外性がありながらも鮮やかな黄身と味噌が合体して、面白い!


前菜の鮮やかな2種盛り
RIMG0680
RIMG0683
RIMG0684
上は甘エビのクリスタルジュレ添え。。ジュレの中には梨がのぞいています。ジュレはなんと福岡産「YUZUSUKO」!!!!ユズの味のタバスコですよ!皆さん!
甘エビと梨の甘さを感じながらユズスコのピリからジュレを味わってほしいーー!美味しい!夏にはさっぱりですね!
下は八女茶ヌードルとシャキシャキお野菜のチシャトウ。その上にはドライの明太子がふりかけみたいにかかっていて、その上にまた出汁で溶いた明太子が!これもさっぱりシャキシャキでイケます!


福岡産、だるま鯛のグリル、博多スープ仕立て
RIMG0688
試食会ではシーバスを使っていましたが、実際には福岡、唐泊から直送される今が旬の顔は悪いが味は抜群(言わなくていい)のだるま鯛が使われるそうです!ソースには柚子胡椒が効いています。。香草の香りも。。。魚の下には五穀米のライスケーキがあって、食べてるうちに崩れてきて、スープと合わさってお茶漬けみたいな感じで二度楽しめます!上に散らばるミョウガと三つ葉も味に和のインパクトを与えていてこれまたグーです。


豚肉のとろとろ煮込み、あまおう苺のジャムとバルサミコソース
RIMG0690
これも絶品でしたねーーー。豚肉とジャム、あいますねーーーバルサミコも利いていて。。添えられているのはペイストリーシェフ、Joanneお手製のパン。もうソースは美味しくてこのパンは必需品です!


デザート。。。
味噌コルネと八女茶ムース&筑紫餅

RIMG0696
RIMG0698
RIMG0699
味噌コルネの味も斬新ですが、パリッパリなコルネと八女茶ムースの甘いしっとり感、そして筑紫餅が美味しい。
で、このラズベリー。。ヘタがあるのかと思ったら!!!ラズベリーの中にも八女茶ムースが!!!カワイイし凝ってます!!!さすが!!!
右側のピンクなのは福岡、喜多屋さんのお酒、あいのひめをゼリー状にしてそのあとグラニテにしたもの。


いやーーー食べた食べた!でもみんな斬新で美味しかった!って結局全部説明しちゃったけど、これで行きたいーーと思ってくださった方もいるのでは!?

まだお席が若干余っているようですので、お早めに予約をしてこの意外性のある美味しいお食事を堪能してみては???この量でお酒のペアリングがついて。。。お得ですよね!!是非!!!

ご予約、ご質問はTONTONまで。
212-242-3699

Face Bookからも予約できます!


Joanne、ありがとう!!!当日、頑張ってね!


RIMG0704
RIMG0707




人気ブログランキングへ今日はなんだかどんよりですねーー



fujiko55 at 03:22コメント(0)トラックバック(0) 

March 10, 2010

ってこのブログを何人の福岡在住の方が読んでるのかさっぱりわかりませんが。。苦笑。

ヒミ・オカジマ氏の立案・企画・推進した福岡食材を世界に広めるプロジェクトにリフが参加させていただいたことは以前の記事にも書きましたが、そのプロジェクトの内容をすべて密着取材してくださったテレビ西日本さんのドキュメンタリー番組がいよいよ!!!!3月13日(土)16時から1時間番組で放映されます!

Picture1




このドキュメンタリー番組を制作するにあたり、4ヶ月の密着取材をされたプロデューサーの武冨さん、本当にお疲れさまでした!私もこのテレビ、実際に見て旦那を惚れ直したいですーーってことでどなたか是非録画しておいてください!!

また9日の夕方には、同じテレビ西日本にてNY企画が放映されるそうです。お時間のある方はそちらもチェックして教えてくださいね!!


私は福岡出身でもないし、もちろんリフも福岡の人間ではありませんが、地元の食材を誇りに思い、それを多くの人にしらしめたいという気持ちは誰でも持っていること。それを行動するか行動しないか。みなヒミちんの情熱に動かされた人間たちが集まったのですよね。人の情熱が人を動かす原動力になる。素晴らしいことだと思います。


先週のインターナショナルレストランショーでもリフはTONTONのシェフ、萩原氏と福岡の食材を使ったアイアンシェフ対決デモンストレーションも行われました。(私とデビッドはコメンテーターをつとめさせていただきました)。
IMGP9747


t02200165_0448033610437386729
t02200165_0448033610437386732
t02200165_0448033610437387037
t02200165_0448033610437387041
t02200165_0448033610437387043
t02200165_0448033610437387046


この様子は地元の有名ブロガーにも取り上げていただくことができました。

すっかり日本そして福岡のフアンになったリフレクションは、また早く日本に行きたい!と言っていますので現在スケジュール調整中。今回は福岡のみならず九州をぐるっとまわる、もしくは京都?と色々と夢が広がっている模様です。

13日の放映、ごらんになった方は是非感想を聞かせてくださいね!


人気ブログランキングへ今日は家におこもりです!




fujiko55 at 02:43コメント(18)トラックバック(0) 

January 28, 2010

今週の月曜、1月25日にBLT FISHのプライベートダイニングルームにて、福岡の食材を使ったニューアメリカン料理のお披露目イベントが行われました。

プロジェクトの発起人は、TONTONのオーナーのヒミ・オカジマ氏。

って一応かしこまって紹介してみたけどヒミちん。笑。
このイベントを含めて、福岡と世界を結ぶ一大プロジェクトを考案・実行している。彼のフットワークは本当にすごいです。

25日のイベントには福岡商工会議所や地元唐泊の漁業組合の方、九州大学教授と学生、福岡の女性を応援する情報誌アヴァンティの編集長、テレビ局という様々な顔ぶれの日本勢に加え、ニューヨークサイドからはニューヨークの有名レストランのシェフ達、テレビ局のプロデューサー、アイアンシェフアメリカのジャッジ、NYのフード関係の多くのエディターが参加しました。合計で50名近く。

当日の朝、暴風雨で一時は参加者が来れなくなるのではと心配されましたが、ほぼ全員の方が参加して下さいました。

ヒミちんも私も、司会のユリちゃんも食べ物にはあり付けず、皆さんが食べてるのをヨダレたらして見てるだけ。。

そしてこれが、その福岡の食材を使った料理の数々。。。

jan 25-13
jan 25-14
jan 25-15
jan 25-16


ここには載っていませんが、この他にアミューズブッシュとデザートもあり。
全てのお料理は福岡の喜多屋酒造と山口酒造さんのお酒でペアリング。

この日米合作イベントの参加者の顔ぶれは一見、不思議な組み合わせではありましたが、皆食事の合間に相互交流を深めており、和気あいあいとしながら3時間以上のイベントが進行しました。忙しい人々の集まりにも関わらず、ほとんどの人が途中退席することもなく、大いに食事とお酒、会話を楽しんでいたようです。

メニューの細かい説明はここでは割愛しますが、日本人、非日本人どちらからもそれぞれのメニューでは驚きと感動の声が聞こえてきました。

今回のイベントでは特別に、唐泊から旬の鰆が直送されてきましたが、その料理が特に評判高く、インタビューをしてみると多くのNY在住シェフが「自分のレストランでもこの魚を扱いたい!」と言っていました。


途中で挨拶に来てくださった、BLTグループエグゼクティブシェフのLaurent Tourondel氏。
DSCN6713



皆さん食事を楽しんでくださっている様子。

jan 25-11



最後に今回の料理を作ったスーシェフ、リフレクションの挨拶。
jan 25-2



唐泊漁業組合、岩城氏からハッピのプレゼント。
jan 25-3


そして最後に緊張がほぐれたヒミちん、リフ、そして喜多屋の木下社長と。
jan 25-5



私は食べてないけど(ってしつこい?笑)、きっと美味しかったんだろうなーと思います。素晴らしいコメントを皆さんから頂き、私もそれを聞きながら思わず目頭があつくなりました。
お疲れ様ー

jan 25-4



さて、このイベントでの料理詳細を御説明しませんでしたが、実は、今度の金曜から2月末日までの間のみ、BLT FISHの3階にて、この料理の凝縮バージョンが3コースとなって、お酒とのペアリングで特別メニューとして加わることになりました!
前菜、メイン、デザート、それぞれお酒がついて60ドル(税・チップ別)。

コースには明太子、柚子胡椒、味噌、八女茶、筑紫餅、あまおうジャムなど、福岡を代表する食材がふんだんに使われたお料理になっているようです。

私も食べてないので(しつこい!笑)、行かなくちゃ。笑

ヒミチン、リフ、お疲れさまでした!


人気ブログランキングへさすがに次の日は死にました。さー頭を切り替えて別の仕事に取り組むぞ!




fujiko55 at 11:49コメント(13)トラックバック(0) 

November 11, 2009

福岡の最後の日はヒミちんとさとこちゃんに、呼子につれていってもらいました!

5
2


このイカがまたすごい透明でビツクリ!

BG
3
4


まだウニョウニョ動いてたので、ビデオ撮ったんだけど、間違って消してしまったのでなし!

そう、吸盤口に吸いつかせながら、透明なイカちゃんを食べて幸せー!



この日の夜は、なんだかテーマパークレストランみたいな、店の中で釣りができる座魚というところにつれていってもらいました。

でもテーマパークなんていえない!全てとっても新鮮で美味しい!

7
no title

9
8
10



皆さん楽しかったです!ありがとうございました!

BG



実はこの日に、ブログでいつもコメントをくれていたごぼさんもきて下さったんです!なんと初対面なのに初対面な感じもせず、二人で会った瞬間抱擁!笑
お土産や結婚祝いなどたくさんくださって、本当に気を遣ってくださり、すみませんでした!帰りはホテルのバーで二人で飲んだけど、なんだか前から知り合いのように怒涛のおしゃべり。

本当に出会いって楽しいですね!ごぼさん、NYで待ってますよ!!
(ごぼさんの写真を載せていいのかわからなかったので、載せていませーん)


何ともまあ、濃密な福岡の旅でした。。

日本は本当に素晴しいところがいっぱい!日本にいないから、逆にその良さをかみしめられるのかもしれないなー。と。。




人気ブログランキングへ昨日から喉が痛い!風邪ひくのかなーいやだな〜。



fujiko55 at 13:15コメント(6)トラックバック(0) 

November 07, 2009

長らく更新できませんでした。
本当は今も更新している場合ではないような。。でもちょっと息抜き(ってこの息抜きが長かったりする)。


福岡第四日目。リフにとっては最終の日でもあり、この短い四日間、駆け足で見て、味わって、感じ取り吸収した全てをお披露目する緊張の日でもありました。

朝はまず福岡商工会議所の河野会頭との表敬訪問。
リフも緊張しています。ヒミちんはいつものスタイル。。
DSCN6037


ここで励ましのお言葉を頂いて、一行は福岡県庁へ。
そう、麻生福岡県知事との表敬訪問です。

DSCN6040


重々しい雰囲気。。

o0448033610291095308
o0800060010291095311


この様子は福岡県庁のホームページにも出ていました。


朝から緊張続きでしたが、この後はいよいよ試食会の準備!
リフはそわそわ。。そして一言「あー早く料理したい」。本当にこの人、根っからの料理人です。年中料理したいしたいって。普通仕事で料理していたら他ではしたくなくなりそうですけどね。彼は別。家でもどこでも料理したがり。奥さんの私、料理やることなーし。ってこれは余談。


この日の試食会の会場は再び旬Fujiwaraさん。

到着して早速作業に取り掛かるも、私とヒミちんは忙しい藤原シェフに明太子パスタを作ってもらいましたー!うまーい!

DSCN6042


リフは食べると眠くなるっていうんでパス。ごめんよー。

この後リフは仕込み、私は一旦ホテルに帰って仮眠をし、5時にまたレストランに戻ってきました。

キッチンは佳境に入っています!

DSCN6044



試食の方々は8名。この数日間訪問させていただいた企業の方等が中心。残念ながら私は通訳ですので食すことができませんでしたので、味のレポートはできませんが、6コースメニューは以下の通り!


アミューズブッシュ
唐泊牡蠣の柚ミニョネットソース、九州なしと紫蘇の花添え

o0448033610292044383


平目のSASHIMI、柚味噌+胡椒ドレッシング。明太子と地場で取れた子持ち昆布を乗せて。
o0448033610292044384



地で取れたアマダイの白味噌漬け、小さなオニオンリングとセルフィーユ添え

o0448033610292044385


実はこの間にもう1品、ランゴスティーンを使った料理があったのですが、写真がありません。


九州産ビーフのスヴィ、根菜スープと国産松茸グリル

o0448033610292044386


デザート。
八女茶の抹茶フランに筑紫餅、福岡あまおうジャムのグラニテ、酢橘のシロップ漬け添え。まわりにかかっているのはきなこキャラメルソース。
o0336044810292044747



それぞれお酒のペアリングも提示させていただきました。山口酒造さん、そして喜多屋の社長、お二人ともお見えになっていたので、お二人は料理とお酒のペアリングの内容について詳しくフィードバックをくださいました。

でも料理の評価は皆さんどれも繊細で美味しい、それぞれの地元の食材を理解しなければできない味付けで感心した、とおっしゃってくださり、リフももうほっと一息。

特にアマダイ、そしてデザートが大絶賛されていました。ペイストリーシェフでもないリフがあれだけの福岡の食材をふんだんに盛り込んだユニークなデザートをあっという間に作ったのは私も本当に感動しました。試食くださった方は「これはもう福岡の名物菓子に認定できる!名前はリフレクション!」なんてことまで言ってくださってました。いやーー食べたかった!!!


一緒にお手伝いくださった藤原さん、スーシェフ、そしてヒミチンとで初めてのリラックスしたスマイルを見せてくれました。

o0800060010292043821



本当にお疲れ様ー!!!


この後はお疲れ様ディナー。

DSCN6069


藤原シェフがお疲れなのに私たちのために料理を出してくれました。
本当にありがとうございます。。。

DSCN6078

DSCN6079
DSCN6081


しかしこのへんでギブアップ。。。お疲れマックスです。でもこのフォアグラトションの無花果。。。今また食べたいぞ。

疲れてこんなポーズまで強要されても何とも思わず楽しんでやる二人。

DSCN6073
ウッキー

強要した本人もウッキー
DSCN6072


。。。。いい年の我々が。。まーね。疲れてるからね。

この後は福岡の有名なシェフの皆様が集まり、懇親会。

DSCN6088
DSCN6086
DSCN6089
DSCN6094
DSCN6095


次回は是非是非、プライベートで来て皆さんのレストラン全部にお邪魔したい!ってリフがずーっと言ってました。

本当にこの4日間、駆け足だったけど、充実しすぎるほど充実し、また色々なことを学びました。

ヒミチン、本当にありがとう。そして福岡の皆様、本当にありがとうございました!ブログを持っていないリフの代わりにお礼を申し上げます!

1月のイベントに向けて、彼は一層張り切ってますので、楽しみにしていてください!


あ、ちなみに。。。数日前、既に喜多屋の社長の木下さんがNY出張中、リフの働くBLT FISHに訪問くださいました!!!

NYと日本の南にある福岡で、絶対に出会わなかった人同士が何かのきっかけで知り合い、交流を深めていき、またそれが新たな交流を生むって本当に素晴らしいことだと思いました。これがなければ木下さんがBLTに来てくださることもなかったはず!リフも大感激してました!

ちなみに、木下さんの下のお名前から、あだ名は「こーちゃん」というのです。そうでーす!うちの甥っこのこーちゃんと一緒!ってそんなことでつながってても嬉しい私笑。


いやー本当に濃厚な4日間でした!!!


人気ブログランキングへ息抜き長すぎ。1時間くらいたってます。さーーーがんばろ。今日はタイ料理ぃー!



fujiko55 at 03:50コメント(6)トラックバック(0) 

October 31, 2009

さて三日目。
朝早くから柳橋連合市場へ向かい、食材探し。
DSCN5927
DSCN5932


今日もテレビの取材が付いて回ります。最初はリフも動揺していましたが、この頃にはもう慣れてきた様子。

この後、車で小一時間程度?走ったところにある唐泊へ、恵比寿牡蠣の養殖視察。実際に船に乗って、牡蠣を取るところを見せてもらいました。
2週間ほど、収穫にはまだ早かったそうです。

DSCN5943


筏の上でバランスを取りながら作業をしているのだけど、きっと相当大変なはず。熟練の技ですよね。

DSCN5951


さていよいよ収穫した牡蠣が出てきました!
DSCN5956


おーーーー!!こうなってるんだ!最初は「えーー牡蠣と一緒にムール貝とかホタテも取れるのねー!」って思ってたら間違い。
ホタテは主に、牡蠣を付着させるための存在になるので最初に付着しておくんですって。そこに自然に牡蠣が寄ってくるらしい。おぉーなるほど。

それを洗浄機で洗い、海水プールにつけておくと綺麗な牡蠣が取れるっていうことみたい。
勉強したなー。
DSCN5961


とれたての牡蠣。まだこれは早くて、身がまだ半透明。あと1,2週間経てば身が乳白色になって収穫時期なのだそうです。
DSCN5967


続いて船を降りた後は、漁業組合さんの調理場を借りて、漁業組合のお母さんとリフのアイアンシェフ対決!笑

DSCN5975
DSCN5977


調理場が低くて腰が痛そう。。。。
魚をさばいた後は、何やら先ほどとれたばかりの牡蠣を開けています。そう、リフが漁業組合の皆様に、牡蠣を使った和食ではないニューアメリカン料理を即効で作ることに。
DSCN5981


そしてできあがったのがこちら。
DSCN5982


牡蠣の柚ミニョネットソースに九州産の梨、万願寺とうがらし、きゅうり、そして紫蘇の花をあしらって。その上に七味と岩塩をかけて。

漁業組合の方も「僕は普段牡蠣あまり食べないんだけど(笑)、これだったら何個でもいけるなーーー♪」と太鼓判。

漁業組合のお母さんたちが作ってくれた魚料理も本当に美味しい!
ここの娘になりたい。笑
娘にならなくても、ここに2,3日泊めてください!お手伝いしますんで!全部食べきれなかった魚たちが今ここにあったらいいのに、と本当に今お腹がグゥーッツとなりました!しょーもないな。

DSCN5983
DSCN5984
DSCN5985
DSCN5986
DSCN5987
DSCN5988


やばそうでしょ。美味しそうでしょ。これがまあ本当に美味しい。イカも味も鯛も美味しい!

鯛のぶっかけご飯も美味しい!リフはサラリと食べて、これ毎朝食べたい!だって。
私だって食べたいよ。

DSCN5991


皆さんと束の間の団欒。漁業組合のお母さんからもリフの牡蠣料理は高得点で、レシピを聞かれたそうです。

DSCN5994


最後に恵比寿牡蠣を頂いて嬉しそうなリフ。
DSCN5997


唐泊漁業組合の皆様、ありがとうございました!
DSCN5998



次に我々は福岡に戻り、博多織ディベロップメントカレッジさんへ訪問。博多織の伝統文化を学び、広く世界に飛躍できる人材を養成するという素晴らしい学校です。生徒さんの織の様子を見せていただきました。

DSCN6002
DSCN6004


福岡の伝統文化を食以外からも感じ取り、福岡全体を感性で受け止めてほしいという気持ちもリフには伝わったようで、とても関心を寄せて見学していました。
最後に生徒さん3人が英語で博多織の説明と、今日のリフの訪問に向けて作った博多織を使ったテーブルセッティング提案を披露。

写真は撮れてませんが、博多織のコースターやランナー、ランチョンマット、そして箸置きを生徒さんが作ってくださいました。
お土産までもらって、最後に生徒さんと写真をパチリ。ありがとうございました!将来、博多織をもって世界にはばたいてください!
DSCN6006


続いて我々はまた食材の買いだし。そう、最終日の明日、試食会が開催されるための準備です。

新鮮な魚が沢山あるプロの職人さんも買い物するというフクショクさんにあるお魚屋さん、魚辰さんへ。
DSCN6011
DSCN6012
DSCN6013



そして我々は明日の試食会の会場でもある、フレンチ、藤原シェフのお店、旬Fujiwaraさんへ。

まず、リフが明日の試食会のメニューを藤原シェフに伝え、メニューの最終設計に入っていきます。途中、どうしても使いたかった食材が使えないというトラブルも発生し、緊張も高まることもありましたが、1品ごとの綿密な打ち合わせも終了し、2時間だけ事前の仕込みを行いました。

DSCN6020
DSCN6024


私はキッチンで通訳が必要な時のために立ってましたけど、はっきり言って邪魔。笑。お互いなんとなく英語とフランス語でわかってるから私いらないのに。。。とは思いながらもキッチンにいるのってわくわくするのよねー。

7時過ぎまで仕込みを行い、我々は退散。藤原シェフ、明日よろしくお願いしまーす!

この日の最後は夕食を。プライベートな感じなのでようやくほっと一息。ヒミチンが有名な水炊きのお店、長野さんに連れてってくれました。

DSCN6025
DSCN6026


この日ヒミさんが紹介してくれて、知り合いになったハルミさん。
DSCN6032


水炊き、美味しかったなー。
DSCN6033
DSCN6035


またまた疲れが出ていたのでお酒がまわりました。美味しかったです!最後まで食べられなくてすみませんでしたー!
DSCN6036


さて、明日がいよいよ最終日!緊張するリフですが、どうなることでしょう!


人気ブログランキングへ今リフの友達カップルが家に泊まっています。私家で仕事している関係上、ちょっと色々大変。でも何とかなるかー!




fujiko55 at 02:57コメント(10)トラックバック(0) 

October 29, 2009



もうご覧になった方も多いと思いますが。。。



人気ブログランキングへ次の更新は明日になると思われまーす





fujiko55 at 06:36コメント(10)トラックバック(0) 

October 28, 2009

昨日のアクセス数に目が飛び出たfujikoです。
多くの皆様に来ていただいて、本当にありがとうございます!
きっと福岡の方なのかしら?
NY以外の方々から読んで頂いているって本当に嬉しいんです。ブログをやっている醍醐味を感じます。ブログを通じて世界の人に会えるっていうかね。ってあ、大げさ?

では、いってみましょー福岡活動二日目報告!

八女にある老舗酒造、「喜多屋酒造」さんへ訪問。

名刺交換の仕方も段々と板についてきました。笑。
DSCN5776


喜多屋さんは、180年以上もの伝統を誇る老舗中の老舗です。その威厳と風格は酒造のいでたちを見てもわかります。老舗の貫録を残した佇まいと、ところどころにある酒造りの近代的機械が融合されていて独特な雰囲気を醸し出しています。

私も初体験の酒造現場を視察!

明治の建物を残しています。
DSCN5777


まず入る前に精米度と酒の種類のお勉強。
DSCN5779


麹をつくる「室(むろ)」と呼ばれる部屋はサウナ状態。
DSCN5782



仕込みの様子。違いがわかりますよね?上の写真は活発に発酵中♪下は落ち着いてちょっぴりプクプクしてます。
社長さんはこのプクプク度合いで発酵何日目かわかるのですって。さすがですね。
リフはこの時の状態の香りをかいで「パイナップルみたいな香りがする」って言ってました。日本人にはない発想だわー。
DSCN5789

DSCN5788


できあがったお酒は種類によって保管方法が違うのですって。これはワインと同様の樽で保管されている酒。
DSCN5790


いよいよ楽しいテイスティングゥー!
DSCN5800

DSCN5803


酒スパークリング、大吟醸、焼酎と色々と試してみました。

ちなみに喜多屋さんの長期熟成麦焼酎「吾空」・本格芋焼酎「尽空」はJALのエグゼクティブクラスに置いてあるお酒なのです!

皆さんでボトルを持ってはいチーズ。
DSCN5806




続いて一行はちょっと早いランチタイム。

柳川のうなぎせいろ蒸しで有名だという本吉屋さんへ。

こちらも330年?の歴史なんだそうです。
お店の外から既に香ばしい良いーーー匂いが。。じゅるる。
DSCN5813



うなぎの骨
DSCN5821


白焼き
DSCN5822


白焼きおろし
DSCN5823


白焼き酢の物
DSCN5824


じゃーん!せいろ蒸し
DSCN5825


きも吸
DSCN5826


白焼きで色々な食べ方のメニューをはじめてみましたけど、やっぱり直球コースの白焼きが一番!

それにしても量が半端なく多いー。美味しいのに食べきらない。。今頃になって後悔しても遅いのよん。あー恋しい。


お腹がいっぱいになって眠りそうな我々はエネルギードリンク片手に次の場所へ。
柳川の鶴味噌醸造さんに訪問です。
DSCN5829



当然ここでも試食会。。。苦笑
DSCN5832
DSCN5831
DSCN5833
DSCN5835


そして工場見学。

午前中に酒造さんに行っていたので途中までの工程の理解は早かったですねー。
DSCN5841


詰めるのは手作業なんだそうで。すごいですねー。
DSCN5842


ユーモアたっぷりの社長と一緒に。
DSCN5847


ここでも多くのアイデアが浮かんだ様子のリフ。お腹がいっぱいでも質問は真剣にしてました。


続いてちょっとだけ観光気分で柳川の川下りーー。
っつってもすごい遅いし。笑。

DSCN5852

DSCN5867


赤い煉瓦は先ほど訪問した鶴味噌さんの倉庫。
DSCN5869


こんな風に川沿いに屋台が出てます。福岡って屋台好き?
DSCN5873


ここはヨーコ・オノの実家だそうですが今は誰も住んでないのだそう。DSCN5877



1時間ちょっとの川下り。みんなうとうととポカポカ陽気を楽しんでいました。


続いて山口酒造さんへ。
DSCN5882


こちらでは見学はなく試飲のみ。
なんとこちら、10月のみ、中をレストランのようにして、お弁当を販売しているのだそうです。しかもそれはそこで働く女性たちが地元の食材を使って作っているのですって。
それがこれ。
DSCN5886


有名な庭のうぐいす。
DSCN5887


こちらではお酒を癇にして飲みながらチーズと楽しむ味わい方を教わりました。チーズと癇のお酒、良く合いますね。

DSCN5890



次に、ヒミちんの言葉の先生、長井先生のオフィスへ訪問。
DSCN5891


若返り?アイデアが浮かぶ睡眠方法を教わりました。さーてできるかな?


夜は、ヒミちんのお店、ねばトロやさんへ。
DSCN5894


秋をテーマにしたおまかせコースを美味しく頂きながら、食とは違う福岡の文化に触れるべく、博多織の岡野社長や博多人形の伝統工芸師、中村信喬氏、九州大学坂口教授と懇親を深めました。

DSCN5917
DSCN5914
DSCN5899
DSCN5901
DSCN5903
DSCN5908
DSCN5897



第二日目終了です!この時点で10時半頃だったかな?

一日目に負けず、濃いー一日となりました。お疲れさま。
っていうか読んでくださった皆様、お疲れ様。笑。



人気ブログランキングへこの記事書くのに1時間以上かかりました。仕事の合間の息抜きのはずが。。。苦笑。さーて仕事しよっ




fujiko55 at 13:08コメント(6)トラックバック(0) 

October 26, 2009

10月20日。
実働第一日目。朝7時にロビーにて待ち合わせ。

そして鮮魚市場、柳橋連合市場へと向かいました。

新しい食材に興味津津のリフ。FUJIWARAシェフの話を食い入るように聞いています。

DSCN5653


子持ち昆布だって
DSCN5660


おきゅうとだって
DSCN5661


きびなご
だって
DSCN5662


彼にとっては初めての食材。
それぞれ試食しながら味の感想から、もしかしてこう使えるかも、というメニューへの発想をどんどんと膨らませていっていました。

途中では市場内にある大人気のお店(名前を忘れてしまったので残念!でも市場内にある市場会館の中にあります!)で朝食。初日から贅沢な朝食です。はい。

さっき市場で見たおきゅうをトライ。
DSCN5665
DSCN5666


リフの大好物のあわびもさっき市場から入手してきてさばいたばかりの新鮮さ!
DSCN5667


お寿司も美味しい!!!あーここにずっといたいのに猛ダッシュで次のスケジュールへ。。

柳橋連合ではだしに関心を示していました。はじめてみた「あごだし」です。
DSCN5670



さて、次は超老舗、1587年創業の和菓子、如水庵さんの工場へ。

DSCN5673


甘い物を食べない私が知っているくらいですから、非常に有名な和菓子ですよね。特に筑紫餅は小さい頃良く食べた覚えがあります。

季節的に、丁度この日は柿大福の生産が盛んに行われており、柿の香りとオレンジの色が工場に映えていました。

DSCN5681


そして勿論、筑紫餅の生産も。。。
DSCN5687

リフは「きなこ」を知らなかったのですが、香ばしい香りと味わいに驚きを示していました。

こちらはもみじの形をした和菓子。手でもみじの形にしている職人技は約40年の熟練のなせる技です。
DSCN5683


DSCN5694



ここでようやく午前中の部終了。キャーーーーーーー!もう死にそう。笑。

楽しいランチタイムは有名な料亭、稚加榮 (ちかえ)さんにて。

DSCN5695


私はここに30年以上前に両親に連れてきてもらったことがありました。実はここの大きなお店の印象と大きな生け簀のことは頭の中に鮮明に焼きついていたんです。でもそこがどこだったのか、今まで結びつかなくて、きっとどこかで一度見た風景なのか夢だったのか、と曖昧な記憶として自分の記憶の引き出しの中に入っていたのですよ。
それが、もう実際に目の前に再び現れたものだから、リフより私のほうが興奮しました!やっぱり見ている目線が30年以上立って違うので、あの時の巨大な生け簀のイメージや巨大な店よりは小さかった。小さい頃、どこらへんに座ったかもなんとなく覚えているんだから、よほど子供ながらにインパクトが強かったのでしょうね。

約30年ぶりにこんにちは。パチリ。
DSCN5699


定食。ボリュームたっぷり!
DSCN5702


定食にはさんま明太子がついてます。いわし明太子もあったけど、さんまが今は人気なのかな?
DSCN5703


稚加榮さんは明太子も有名。テーブルには無料めんたいこが置いてあって、ご飯がススムススム。


さーて午後の部開始!


福岡商工会議所訪問。
DSCN5706

私だって千葉の商工会議所なんて行ったことないわ。笑

DSCN5709


ここのイメージキャラクター、結構可愛いです。笑。小さな芽は中小企業のイメージ。そして鼻がジョウロになっている象さんが商工会議所をイメージ。お水をやって中小企業を大きくさせよう、というイメージ。
DSCN5710



次の訪問は老舗明太子、「やまや」さんの工場へ。
DSCN5712


ガラス張りの廊下からは工場が一望できます。
こんなにいっぱい明太子見たことないし!笑
DSCN5723


明太子をいっぱい試食するリフ。辛いのが平気なリフもちょっと汗かいてましたね。。
食育用の本も頂きました。奥がやまやさんの社長です。
DSCN5717



途中、焼酎の試飲をし。。

DSCN5724



夜はなんと福岡県知事公舎で行われていた、FIBA(Fukuoka International Business Association)の会に特別に参加。

DSCN5725



麻生知事にご挨拶。
DSCN5735



この日一日で一年分くらいの名刺交換をしたよ、と名刺交換大国の日本に改めて驚いていたリフ。

これでこの日の業務は終了です。お疲れさまー!

ここからはプライベートで楽しい夜の部。ヒミちんが屋台に連れて行ってくれました!

DSCN5753


「ナンバーワン」という名前の屋台へ。

すっかり親友級に仲良くなったリフとダイスケ氏。
DSCN5755


やっぱ屋台はおでんよね。おでんも実はリフ、初体験。旨みが凝縮した大根に感動してました。
DSCN5756


疲れマックスで酔いが回るのが早い我々。
DSCN5757


DSCN5761

DSCN5765
DSCN5771
DSCN5770


屋台の天井には色々な人の名刺が。そしてリフも名刺を張りつけました。もし行かれて、見た方は教えてね!
DSCN5759


もう盛りだくさんの初日。長い記事になってしまいました。リフは勿論、私にとっても貴重な経験のことなので、しばらくは長い一日の記事が続きますが、ご辛抱を!



人気ブログランキングへ変な時間に寝たので今頃目が覚めました。いよいよ私も時差ぼけを感じはじめてるかしら!!??今までは年中時差ぼけだったんだけどなー笑




fujiko55 at 17:02コメント(8)トラックバック(0) 

October 24, 2009

いやーーーーーーーー長らくブログもさることながら、PCの前に座る時間もありませんでした。

18日からNYを離れ、福岡にいますが、今日が最後の福岡でようやくフリータイム。
今回は旦那様、リフの出張に付き添って来ていましたが、もう殺人的スケジュール。でも思い出に残る内容の濃い出張なので、一日一日を思い出を含めてこれから書いていきたいと思います。


18日、NYで飛行機を待つ姿。。もう既にちょっと緊張してるかな?
DSCN5637



約14時間後、成田に到着。約3時間という短い乗り継ぎ時間に合わせて、短い時間でもわざわざ両親が我々に会いに来てくれました。
リフと甥のコーちゃんの初対面は叶わず。しょうがないね、今のインフルエンザにうつってもらっては困ります。

でもこんな短時間のためにわざわざ車で会いに来てくれた両親に会って、嬉しかったですけどちょっぴりお別れの時涙が出てしまった。日本にいるのに会えないのは悲しいです。でも仕事仕事。


短時間でも食べてる家族。空港内の寿司田にてガツ食い。
DSCN5639

DSCN5640

やっぱり日本の寿司はうまい!空港でこれだけ美味しい食べ物は食べたことないってリフが感動。そりゃーアメリカの空港とは違うわ!笑


福岡空港に向けて国内線乗り継ぎ。

DSCN5643
DSCN5645


2時間で福岡に到着。

空港では今回の出張=シェフ招聘プロジェクトを考案、遂行したヒミちんがお出迎え。


そしてこの夜はお疲れのためにホテルに直行。次の日からの忙しいスケジュールに備えました。

DSCN5647



この続きはNYで書く可能性が高いと思いますが、あまりの濃密スケジュール、覚えてられるかしら??




人気ブログランキングへこの1週間の超多忙スケジュールによりまだリフは爆睡中。。お疲れ様。





fujiko55 at 09:21コメント(14)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ